グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 学部・大学院ニュース  > 本学医学部、富士フイルム株式会社とブラジル国サンパウロ大学医学部附属病院とのブラジリアにおける医療国際展開加速化促進事業プロジェクトにかかる協力協定書に署名

本学医学部、富士フイルム株式会社とブラジル国サンパウロ大学医学部附属病院とのブラジリアにおける医療国際展開加速化促進事業プロジェクトにかかる協力協定書に署名

 2014年7月31日16時30分より、ブラジル国サンパウロ市内において、経済産業省商業情報政策局ヘルスケア産業課国際展開推進室土屋博史室長、一般社団法人Medical Excellence Japan山本修三理事長陪席の下、本学江石義信医学部長、富士フイルム株式会社中嶋成博取締役COO及びブラジル国サンパウロ大学医学部附属病院 (Hospital Universitario, Universidade de Sao Paulo、以下「HUUSP」。) Dr. Sandra Ellero Grisi との間で、ブラジルにおける医療国際展開加速化促進事業プロジェクトにかかる協力協定書の署名式が行われました。

 平成25年度経済産業省当初予算による補助金事業で『日本の医療機器・サービスの海外展開に関する調査事業』が実施され、そのフォローとして医療国際展開加速化促進事業が、同省同年度補正予算により認められました。これを更に効果的に発展・促進させていくため、本年7月末から8月初旬にかけての安倍首相のブラジル国を含む南米諸国訪問に合わせ、ブラジル国における本プロジェクト実施機関の一つであるHUUSP、本学コンソーシアムの一つである富士フイルム株式会社及び本学の三者が協力協定書に署名することとなりました。
 この協定書署名により、広く医療国際展開加速化促進事業を我が国内のみならず全世界に周知を図ると共に、ブラジル国における大腸がんスクリーニング事業を本格稼働させ同分野における人材育成に大いに貢献することが期待されています。