グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 学部・大学院ニュース  > 医学部が国立台湾大学医学部(NTUCM)と学術交流協定書を締結

医学部が国立台湾大学医学部(NTUCM)と学術交流協定書を締結

本学医学部は、台湾の名門大学の一つであるNTUCMと学術交流協定書の締結について協議をしてきましたが、平成26年6月9日同大学医学部において学術交流協定書及び学生交流覚書の署名を了し正式に協定を結びました。

署名式出席者

東京医科歯科大学(TMDU)
江石 義信 教授 (医学部長、人体病理学)
河野 辰幸 教授 (国際担当副医学部長、食道・一般外科学)
稲瀬 直彦 教授 (教育担当副医学部長、医学科教育委員長、統合呼吸器病学)
秋田 恵一 教授 (医学科教育委員会副委員長、臨床解剖学)
吉田 丘 特任教授(国際交流センター)

国立台湾大学医学部(NTUCM)
張 上淳 教授 (医学部長)
吳 明賢 教授 (医学部一般医学科教授健康管理センター主任)
邱 瀚模 教授 (医学部臨床副教授)
鄧 述諄 教授 (医学部研究担当副医学部長、微生物学)
李 財坤 教授 (医学部国際交流センター副主任)
蔡 詩力 主治医師 (医学部附属病院臨床技能センター)

署名後の江石医学部長と張医学部長。

署名後、左から邱教授、吳教授、李教授、鄧教授、吉田教授、張医学部長、江石医学部長、河野教授、稲瀬教授、秋田教授。

署名後、NTUCM臨床技能センター(Clinical Skill Center)を視察。