グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 学部・大学院ニュース  > University of North Carolina研究倫理部副部長David A. Borasky氏が来訪されました

University of North Carolina研究倫理部副部長David A. Borasky氏が来訪されました

University of North Carolina研究倫理部副部長David A. Borasky氏来訪

 米国研究倫理審査委員会の学会であるPRIM&R (Public Responsibility in Medicine and Research)の海外担当理事でUniversity of North Carolinaの研究倫理部副部長であるDavid A. Borasky氏が来日し,湯浅医学部長を表敬いたしました。
 
 今回,同氏は来日中に本学において以下の講演を行います。


日時:平成25年2月6日(水)17:30~19:00
場所:MDタワー2階 共用講義室1
演題:Global Ethical Standards in Medical Research(米国における研究倫理審査体制の現状と考察)
主催:生命倫理研究センター

日時:平成25年2月8日(金)16:00~
場所:5号館4階 講堂
演題:大学における行動規範教育の標準化と研究倫理審査
主催:生命倫理研究センター
共催:CITI Japanプロジェクト

日時:平成25年2月9日(金)9:00~12:00
場所:5号館4階 講堂
演題:Mission for the IRB Chair and IRB Members
主催:医学部
共催:CITI Japanプロジェクト/医学系大学倫理委員会連絡会議

左から 湯浅 保仁医学部長とDavid A. Borasky研究倫理部副部長

研究倫理について意見交換を行う
左から吉田 雅幸生命倫理研究センター長,藍 真澄生命倫理研究センター講師,湯浅 保仁医学部長,David A. Borasky研究倫理部副部長