グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




総説等

Takeshi Watanabe, Akinori Kimura, Hidehito KUROYANAGI.
Alternative splicing regulator RBM20 and cardiomyopathy.
Frontiers in Molecular Biosciences, section RNA, in press.

Wani, S. and Kuroyanagi, H.
An emerging model organism Caenorhabditis elegans for alternative pre-mRNA processing in vivo.
WIREs RNA, e1428. doi: 10.1002/wrna.1428, 2017.
PMID:28703462
Advanced Science News:Caenorhabditis elegans: An Emerging Model Organism

黒柳秀人.
第9章第4節. 転写と転写後の共役.
遺伝子発現制御機構―クロマチン,転写制御,エピジェネティクス―(田村 隆明 ・浦 聖惠 編著、東京化学同人)2017年4月3日.

黒柳秀人.
第26章. デコイncRNA.
ノンコーディングRNA―RNA分子の全体像を俯瞰する―(廣瀬 哲郎・泊 幸秀 編、化学同人)2016年7月15日.

桑迫香奈子、高橋真梨、黒柳秀人、武藤 裕.
組織特異的にスプライシング反応を制御するRBFOXファミリーRNA結合タンパク質およびSUP-12によるRNAの協働的な認識の機構.
ライフサイエンス 新着論文レビュー 2014年9月12日.

木村まり子黒柳秀人.
New Technology 選択的スプライシング可視化システム.
Medical Science Digest 39: 502-503, 2013.

Hidehito Kuroyanagi.
Switch-like regulation of tissue-specific alternative pre-mRNA processing patterns revealed by customized fluorescence reporters.
Worm 2: e23834, 2013.
PMID:24778931

Hidehito Kuroyanagi, Akihide Takeuchi, Takayuki Nojima and Masatoshi Hagiwara.
Chapter 28: Single cell detection of splicing events with fluorescent splicing reporters.
In "Alternative pre-mRNA Splicing: Theory and Protocols" (Stamm, S./ Smith, C./ Lührmann, R. Eds, Wiley-VCH). 2012.

大野源太黒柳秀人.
選択的スプライシングの分子機構と生命現象.
実験医学増刊号「拡大・進展を続けるRNA研究の最先端」(羊土社) 28: 1591-1596, 2010.

黒柳秀人.
みにれびゅー 選択的pre-mRNAスプライシング制御機構解明への新たなアプローチ.
生化学(日本生化学会) 82: 402-411, 2010.
PMID:20560432

黒柳秀人.
選択的スプライシングの可視化と制御機構解明への応用.
蛋白質 核酸 酵素 2009年12月号増刊「mRNAプログラム」 54: 2044-2048, 2009.
PMID:21089615

KUROYANAGI, Hidehito.
Fox-1 family of RNA-binding proteins.
Cell. Mol. Life Sci. 66: 3895-3907, 2009.
PMID:19688295

黒柳秀人萩原正敏.
HOTPRESS「選択的スプライシングを生体内で可視化する」
細胞工学(秀潤社) 26: 64-65, 2007.

黒柳秀人萩原正敏.
誘導的遺伝子発現とシグナル伝達
転写イラストマップ(羊土社) pp95-106, 2004.