グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > バイオリソース支援室  > 細胞株のデータベース

細胞株のデータベース

No.細胞名由来種器官・組織記載メモ
80-001TS-2ヒトB-cell  ALLLeukemia CD19,CD22,HLA-DR,CD34
80-002HSC-2ヒト口腔扁平上皮癌口底原発頚部リンパ節由来
80-003HSC-3ヒト口腔扁平上皮癌舌原発頚部リンパ節転移巣由来
80-004HSC-4ヒト口腔扁平上皮癌舌原発頚部リンパ節転移巣由来
80-005HSC-5ヒト口腔扁平上皮癌上顎洞由来
80-006HSC-6ヒト口腔扁平上皮癌舌原発頚部リンパ節転移巣由来
80-007HSC-7ヒト口腔扁平上皮癌舌由来
80-009HOC313ヒト口腔扁平上皮癌口底由来
80-010HOC313-LMヒト口腔扁平上皮癌HOC313 亜株 マウス皮下移植後のリンパ節移植巣由来

☆ 細胞株分譲希望の方はHPの分譲サイトをご覧の上、お申し込み下さい。

ハイブリドーマ(抗体産生細胞)

No.細胞名機能参考文献
K-01抗クロシン抗体産生ハイブリドーマ中枢神経活性作用、記憶力増強作用Cytotechnology.29.65-70.1999
K-02抗ニガウリ由来RIPs抗体産生ハイブリドーマ抗体HIV作用、抗腫瘍作用
K-03抗イエローペッドウイルス抗体産生ハイブリドーマ海老に感染するウイルス
K-04抗ホワイトスポットウイルス抗体産生ハイブリドーマ海老に感染するウイルスJ.Vir. Method.in press
K-05抗ペオニフロリン抗体産生ハイブリドーマ鎮痛作用Biol.Pharm.Bull.26.862-866.2003
K-06抗バイカリン抗体産生ハイブリドーマ抗アレルギー作用
K-07抗テトラヒドロカンナビノーリック酸(THCA)抗体産生ハイブリドーマアサ主成分J. Immunoassay.17.321-342.1996
K-08抗センノシドA抗体産生ハイブリドーマ瀉下作用Analyst.125.1109-1113.2000
K-09抗ベルベリン抗体産生ハイブリドーマ抗菌作用Analyst.129.87-91.2004
K-10抗サイコサポニンa抗体産生ハイブリドーマ抗アレルギー作用Bio.Pharm.Bull.27.66-71.2004
K-11抗アルテミシニン抗体産生ハイブリドーマ抗マラリア薬Planta Medica.in press
K-12抗アコニチン抗体産生ハイブリドーマトリカブト含有有毒成分、鎮痛作用
K-13抗バコサイド抗体産生ハイブリドーマ中枢神経賦活作用
K-14抗バコパサイド抗体産生ハイブリドーマ中枢神経賦活作用Phytochem Anal.in preparation
K-15抗プルンパギン抗体産生ハイブリドーマ抗腫瘍作用、抗菌作用
K-16抗エレウテロサイド抗体産生ハイブリドーマ抗疲労作用
K-17抗プリオン抗体産生ハイブリドーマBSE原因物質
K-18抗2,4-ジクルルフェノキシ酢酸抗体産生ハイブリドーマ環境ホルモン、除草剤Cytotechnology.42.101-107.2003
K-19抗アリソトロキア酸抗体産生ハイブリドーマ腎障害誘発作用
K-20抗ゲニポシド酸抗体産生ハイブリドーマ血糖降下作用
K-21抗ジンセノシドRe抗体産生ハイブリドーマ血糖降下作用Anal. Lett.39.287-296.2006
K-22抗ジンセノシドRg1抗体産生ハイブリドーマ中枢神経興奮作用Cytotechnology. 34.197-204.2000
K-23抗ジンセノシドRb1抗体産生ハイブリドーマ中枢神経抑制作用Cytotechnology. 29.115-120.1999
K-24抗ソラマルジン抗体産生ハイブリドーマホルモン製剤原料Cytotechnology.18.153-158.1995
K-25抗テバイン抗体産生ハイブリドーマ鎮痛、鎮咳作用Cytotechnology.19.55-61.1996
K-26抗モルヒネ抗体産生ハイブリドーマ鎮痛作用
K-27抗ホルスコリン抗体産生ハイブリドーマ抗不整脈薬Cytotechnology.16.101-108.1994
K-28抗ヒトIgEモノクローナル抗体産生ハイブリドーマ8DD7
K-29抗オボムコイドモノクローナル抗体産生ハイブリドーマOM21
K-30抗卵白アルブミンモノクローナル抗体産生ハイブリドーマAL-1

そ の 他

No.名前機能参考文献
K-31EBウイルス不死化B細胞、アトピー患者由来不死化したB細胞
K-32EBウイルス不死化B細胞、健常人由来不死化したB細胞
K-33ras clone I組換えタンパク質高生産性親細胞株Cytotechnol.、 31、103-109 (1999)
K-34ヒト肺ガン細胞株由来亜株、A5DC7ガン細胞由来ながら正常細胞様の表現型を有する細胞Biochem、Biophys、Res、Commun.、237、313-317 (1997)
K-35ヒト肺ガン細胞株由来亜株、AST-9テロメラーゼを発現しながらも、テロメアを短縮させる細胞株Biochem、Biophys、Res、Commun.、334、450-459 (2005)

☆ K-〇〇のマテリアルに関しましては、マテリアルを使用した研究成果(マテリアルの貢献が認められる)の取扱いについて、
  条件が付されております。この点ご留意ください。

☆K-〇〇細胞は分譲申込後、実際に分譲までには2か月程度要します。