Important Notice regarding Residence Status / 在留資格について重要なお知らせ

Important Notice regarding Residence Status / 在留資格について重要なお知らせ

This announcement is for those who are studying at TMDU with the residence status of "Student". (Please check the status written on your residence card.)
「留学」の在留資格にて本学で勉強している皆さんへお知らせいたします。(ご自身の在留カードの在留資格をご確認ください)
According to the Immigration Bureau's policy, the university is required to ensure all students who have been issued a student visa are still in status and engaging in study and research activities. Supervisors may inform the university offices if a student stop attending classes/ labs or lost contact with them for more than a month.

If the university found out that students are out of status or not engaging in academic activities for more than three months, the university must report them to the Immigration Bureau (This may not apply for those who are allowed to take a Leave of Absence.) Consequently, you might lose your student visa in accordance with the Immigration Control Act.

Please remember that you have been issue the student visa for the sole purposes of pursuing study and research at our university. We wish all of you to remain in Japan during the authorized period of stay and achieve your goals at TMDU.

**Taking a leave of absence**

While taking a leave of absence, you cannot maintain your residence status of "Student" since you will not be conducting study and research activities at the university.

Also, you are not allowed to have a part-time job without a valid visa.

In general, you must promptly return to your home country or change your residence status to an appropriate one if you continue to stay in japan.

You will need to apply for a new Student visa when you return to TMDU.

**When you are graduating/leaving TMDU**

TMDU must report periodically to the Ministry of Education, Culture, Sports, Science, and Technology (MEXT) and Immigration Bureau about students graduating/leaving/withdrawing from TMDU and whose whereabouts are unknown.

If you are leaving/withdrawing from TMDU, please leave Japan promptly or you must apply for the new appropriate visa immediately to stay in Japan.

If you have changed or extended your status of residence, please make sure to notify the Foreign Student Support Unit (FSSU).

Also, after graduation, you must leave Japan shortly even you have time left on your "Student" visa.

If you continue to stay in Japan, you must change your current status of residence from "Student" to the appropriate visa status.

Please note staying in Japan under the “Student” visa status is illegal.

Thank you very much for your understanding.

--------------

入国管理局の方針により、大学は、留学ビザが有効であるか、また、学生が勉強や研究活動に従事しているか確認する必要があります。指導教員は、学生が1か月以上にわたり授業を欠席したり、研究室を休んだり、連絡が取れなくなった場合には、大学の事務室に報告することもあります。

学生の留学ビザが失効している、あるいは、3か月以上勉強や研究活動を行っていない学生がいることが判明した場合、大学は入国管理局に報告をしなければなりません(休学中の学生は該当しません)。その結果、出入国管理法の規定により、学生は留学ビザを失うこともあります。

皆さんの留学ビザは、本学で学業に専念することを主な目的として付与されたものです。許可された在留期間中は日本に滞在し、本学での勉強や研究を実りあるものにしていただければと願っています。

**休学する場合**

休学期間中は、大学で勉強や研究活動を行うという目的を果たせないことになるため、「留学」の在留資格で日本に滞在し続けることはできません。

休学中の資格外活動(アルバイト)も認められません。

原則、速やかに帰国するか、日本に滞在する場合は適切な在留資格への変更手続きが必要となります。

復学する際、改めて在留資格「留学」を取得する必要があります。

**本学を卒業・修了・退学等する場合**

本学に在籍する外国人留学生の卒業・修了・退学者・除籍者・所在不明者等について、文部科学省および入国管理局へ定期報告を行います。

退学、除籍となった場合には、すみやかに帰国するか、直ちに「留学」から適切な在留資格に変更してください。

在留資格・期間の変更や更新があった場合は、国際交流課学生受入係へ届出をしてください。

また、大学を卒業・修了後、「留学」の在留期間が残っていても帰国しなければなりません。

引き続き日本に滞在したい場合は、「留学」から他の在留資格に変更してください。

在留資格「留学」のまま滞在することは違法となります。

よろしくお願いいたします。