専門研修プログラム プログラム詳細

カリキュラム全体像

研究風景

東京医科歯科大学病院ならびに当科の研修連携病院は日本内科学会及び日本リウマチ学会より認定された教育施設であり、研修修了後には総合内科専門医、リウマチ専門医の受験資格を得ることができます。

2016年4月以降に初期研修を開始した先生は新専門医制度に基づいた専門研修プログラムに沿って研修を行います。当科では内科専門研修とリウマチ専門研修を並行して行うことが可能です。卒後3-5年で内科専門研修を修了し、卒後6年でリウマチ専門研修修了を目指すことが可能です。(下図参照)

大学院への進学は、各後期研修医の希望や研修状況、医局内人事に基づき、最短で卒後6年目から入学可能です。大学院の詳細については、プログラム詳細の「基礎または臨床研究」のページをご参照ください。

また、当科の寄付講座である生涯免疫難病学講座では小児から成人、さらには高齢者までの一生涯にわたり膠原病・リウマチ性疾患をはじめとする免疫難病の診療体制の確立を目指す活動しています。この活動の一環として、東京医科歯科大学膠原病・リウマチ内科と小児科が連携して、小児から成人まで免疫難病を診療できる医師、つまり『ハイブリッド医』の養成プログラムを立ち上げました。

また、後期研修参加者の希望・目的に沿って可能な限り柔軟に対応いたします。 東京医科歯科大学病院は日本内科学会及び日本リウマチ学会より認定された教育施設であり、 従って下図中に記しましたように以下の各受験資格が取得できます。

診療案内

 


ページトップへ戻る