トップページ > 胆道の病気と治療:胆石症、胆嚢炎、胆嚢ポリープ > 手術の危険度や合併症

退院後の生活|胆石症、胆嚢炎、胆嚢ポリープ

 胆嚢を摘出してもほとんどの方は特に影響を受けません。ときおり、脂肪分がうまく腸に吸収されず下痢を起こす方もいますが、それも時間とともに無くなります。創が小さいため術後の疼痛も少なく、比較的早い段階から日常生活へ復帰することができます。
 また、手術後も早期から入浴可能であり、生活への支障はほとんどないでしょう。