東京医科歯科大学 消化器内科公式Twitter

お知らせ・新着情報

もっと見る

ご挨拶

令和2年(2020年)5月16日付で渡辺守教授の後任として東京医科歯科大学消化器内科教授に着任致しました岡本隆一です。本学大学院の消化器病態学講座は平成12年(2000年)に、消化器内科は平成13年(2001年)に大学院重点化による再編に伴いそれぞれ発足し、本年で21年目を迎えました。この間、渡辺教授(初代)の強いリーダーシップの下で、高いレベルで特色ある診療を実践し、これを研究に活かす「クリニカルサイエンス」の伝統が築かれました。また、このような高い目標を目指す「仲間」として多くの医局員に集まって頂き、大学に在籍するスタッフは60名、関連病院等に在籍する全医局員は370名超という、非常に大きな組織に成長しました。さらに大きな組織である利点を活かし、関連病院との信頼関係の下で多施設共同研究等に取り組むことができる体制を有していることも、当教室のこれまでの伝統の中で培われた特長の一つです。

全文を読む