OS⼝腔科学 OS
[Oral Science]

OS-2

頭頸部領域における粘膜組織は生理的に特有の機能を有し、呼吸や摂食などの日々の営みや喫煙などの生活習慣によって、外来から種々の刺激を受けている。頭頸部がんおよび難治性粘膜疾患の発症機序は複雑である。頭頸部がんにおいては、拡大手術やネオアジュバント療法により手術適応が広がったものの、再発・転移症例のコンロトールは今なお困難をきわめ、化学療法・放射線療法・免疫療法などの適切な複合療法による QOLを維持した低侵襲治療法の選択と開発が望まれる。本プロジェクトにおいては、難治性粘膜疾患および上皮発がんに関わる制御遺伝子・分子の同定や、頭頸部がんの微小環境ネットワークシグナルの解明を通じて、頭頸部領域の特殊性を明らかにするとともに、希少がんであり、外科療法によって患者のQOLの低下を招きやすい頭頸部がんの非/低侵襲治療法を開発することでアンメットメディカルニーズの課題解決を図る。

RESEARCH MEMBERS

OS-2

渡部 徹郎

大学院医歯学総合研究科 病態生化学分野 教授

OS-2

東 
みゆき

大学院医歯学総合研究科 分子免疫学分野 教授

OS-2

原田 浩之

大学院医歯学総合研究科 顎口腔腫瘍外科学分野 教授

OS-2

朝蔭 孝宏

大学院医歯学総合研究科 頭頸部外科学分野 教授

OS-2

加納 嘉人

大学院医歯学総合研究科 臨床腫瘍学分野 講師

OS-2

樗木 俊聡

難治疾患研究所 生体防御学分野  教授

OS-2

梶 
弘和

生体材料工学研究所 バイオメカニクス分野 教授

PUBLICLY OFFERED RESEARCH PROJECTS

頭頚部メカノストレスを再現する頭頚部がんin vitro 3Dモデル

木村 雄亮

生体材料工学研究所 バイオデザイン分野 助教

頭頚部がんの発症機序は複雑であり、不明な点が多いです。解析が進んでいない理由の1つとして、in vitroでの研究環境が整っておらず、実験回数を重ねられない点があります。頭頚部組織は摂食を含む、多くの外因性メカノストレスを受けており、また、咽頭部においては、咳などによる不規則なタイミングでの急激な内因性メカノストレスを与えられる事も多く、このようなメカノストレスを含む、in vitroでの細胞、組織培養環境を整える事が非常に困難でした。そこで本領域研究では、そのようなメカノストレスを含め、頭頚部組織、及び頭頚部がんの3次元構造を完全摸倣したin vitro実験モデルの開発を行っていく予定です。