診療科・センター・部門

消化器内科外来担当表はこちら

科長のご紹介

炎症性腸疾患、ウィルス性肝炎・肝癌、
小腸内視鏡では日本でも有数の技術力を誇ります

科長 渡邉 守 -Mamoru Watanabe-
専門医 日本消化器病学会認定 消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会認定 消化器内視鏡専門医
専門分野 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)
ウイルス性肝炎(B 型肝炎、C 型肝炎)・肝癌
特殊内視鏡(小腸バルーン内視鏡、カプセル内視鏡)
食道・胃・膵癌化学療法
研究領域 炎症性腸疾患の病態と粘膜免疫
腸管の再生医療
ウィルス性肝炎・肝癌
専門外来 胃・大腸内視鏡治療外来
潰瘍性大腸炎・クローン病先端治療センター
肝炎・肝がん撲滅外来
小腸外来
消化器癌化学療法
腸管エコー外来
電話番号 03-5803-5670
専用ホームページ http://www.tmd.ac.jp/grad/gast/index.html

2001年に東京医科歯科大学に初めての消化器内科ができて16年目を迎えました。この間、日本一医局員の平均年齢が低い「医科歯科初の」消化器内科の全医局員は300名を超えました。炎症性腸疾患、ウイルス性肝炎・肝癌、小腸内視鏡では日本で も有数の大学病院として知られていますが、今後も日本のみならず世界における臨床、研究の拠点となるべく、今後も一人一人気を引き締めて邁進しなければならないと強く思っています。

診療科の概要

専門性を必要とする高度先端医療を診療の場で実践するために、疾患別に責任者を置き、診療の先進性を高めるとともに、専門外来(「潰瘍性大腸炎・クローン病」、「ウイルス性肝炎(B 型肝炎、C 型肝炎)・肝癌」、「胃癌・膵癌の化学療法」「内視鏡治療・小腸内視鏡」)をしております。患者さん一人一人に時間をかけて丁寧に診察し、患者さんのご希望を叶える最善の治療法を高度先端医療を含めてご提供しております。

取り扱うおもな疾患

  • 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)
  • ウイルス性肝炎(B 型肝炎、C 型肝炎)・肝癌
  • 特殊内視鏡(小腸バルーン内視鏡、カプセル内視鏡)
  • 食道・胃・膵癌化学療法

上記についてはそれぞれの専門外来にて、その分野に精通する経験ある医師が、患者さんに十分な説明を心掛け、患者さんのご希望を叶える最善の治療法の提供を心がけております。

おもな診断・治療法

消化器病学は消化管および肝臓、胆道、膵臓など、臓器として多くの領域をカバーするだけでなく、解剖、生理、病理学を基礎として、免疫学(炎症、感染症、自己免疫など)、腫瘍学、遺伝学、栄養学などの幅広い病態学におよびます。また、診断学においても内視鏡検査などの画像診断の進歩は目覚ましく、治療学の進歩も華々しいものがあります。

高度な先進医療

既に、炎症性腸疾患、ウィルス性肝炎・肝癌、小腸内視鏡では日本でも有数の大学病院である事は知られていますが、4年前に開設された「潰瘍性大腸炎・クローン病先端治療センター」では未だ治療が困難な炎症性腸疾患に対して最先端の知識と治療技術に精通する多数のエキスパートが各科連携して診療に当たっています。

診療科における研究テーマ

当科では一人一人が臨床も研究も共に一流である事をモットーとしています。この15年で英文243報、その内48報がImpact Factor 5以上のいわゆる一流誌です。よりよい医療実践を心がけ、臨床情報に基づいた我々臨床医にしかできない疾患病態の解明と新規治療法の開発を目指しています。