診療科・センター・部門

医療安全管理部

部長のご紹介

医療現場でのインシデント・アクシデントの分析と
検証を通じ医療の安全性を高めます

部長 尾林 聡 -Satoshi Obayashi-
専門医 日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医
専門分野 婦人科内分泌
研究領域 婦人科
末梢循環
医療安全

平成27年8月より医療安全管理部へと名前がかわりました。大学病院では併発症を持った患者さんへの大きな手術、重症度の高い難病、救急を扱うことが多いため、診療科や病棟などのリスクマネージャーと協力して医療の安全性向上に努めています。また全職員対象の安全研修会や、研修医や看護師を対象とした技術講習会などを定期的に開催し、さらにM&Mカンファレンスや院内の死亡退院事例検証会も行っています。

部の概要

提出されたインシデント報告による事例の検証から再発防止策を策定し、実施推奨と効果の判定および評価を行っています。また医療安全における重点事項の徹底と医療の質向上を企図し、さらに医療従事者の安全への意識向上のため、教育・研修および講演会等を定期的に開催しています。

取り組み

  1. 医療事故防止のための教育・研修の企画、運営
    全職員対象研修
    技術研修
  2. インシデント・アクシデント・合併症報告の分析と再発防止の策定
    警鐘事例とその対策の院内周知
    死亡退院事例検証会
    合併症に対してM&Mカンファレンスの実施
  3. 医療安全における患者参加とチーム医療の推進

その他

第24回国立大学附属病院医療安全管理協議会総会において、東京医科歯科大学医学部附属病院で取り組んでいた「血管造影・IVR、内視鏡、採卵術における安全チェックリストの導入」というプロジェクトが「第1回 Patient Safety & Quality Award 優秀賞」を受賞しました。ワーキング・グループに参加された方々と所属スタッフ皆様の、ご協力とご努力による受賞を励みにして、引き続き病院内の安全管理を推進してまいります。

血管造影・IVR、内視鏡、採卵術における安全チェックリストの導入