診療科・センター・部門

スポーツ医学診療センター

センター長のご紹介

スポーツに関わる外傷・障害・疾病について、
本学の特徴的・先進的分野を活用して診断・治療する部門です

センター長 柳下 和慶 -Kazuyoshi Yagishita-
専門医 日本整形外科学会認定 整形外科専門医
専門分野 スポーツ膝足
高気圧酸素
研究領域 スポーツ外傷に対する高気圧酸素治療
専門外来 シンスプリント外来
電話番号 03-5803-4601
専用ホームページ http://www.tmd.ac.jp/med/spt/index.html

スポーツ医学診療センターは、スポーツ選手の靭帯損傷、肉離れ、捻挫等の 「ケガ」や、いわゆる使いすぎのオーバーユースによる腱付着部炎等の運動障害、スポーツに関連する内科的疾患・病気など、スポーツに関わる外傷・障害・疾病を、本学の特徴的・先進的分野を活用して診断・治療する部門です。「より早く、より高い」ス ポーツ競技復帰を目指し、「チームTMDUによるトータルケア」にて総合的な診療を行います。

センターの概要

当センターには、3 つの特徴があります。

  1. アスレティックリハビリテーション部門
    早期の高いレベルへの競技復帰を目的としたリハビリテーションでスポーツ選手の種目やレベル、目標とする競技会に合わせたテーラーメード復帰プログラムを提供します。
  2. 全身的なアプローチ「チームTMDUによるトータルケア」
    全身にわたるスポーツ関連の外傷・障害・疾患の治療と予防を、各診療科のエキスパートとの連携にて行います。
  3. 本学に特徴的な部門や治療を積極的に活用

おもな診断・治療法

スポーツによる急性外傷(靭帯損傷、捻挫、肉離れ、骨折、打撲、脳震盪など)、スポーツによる運動器慢性障害(ジャンパー膝、アキレス腱付着部炎、足底腱膜炎、シンスプリント、疲労骨折、野球肩、テニス肘、腰痛症など)、スポーツ関連内科的疾患の診断・治療を行います。

治療法

アスレティックリハビリテーション部門、高気圧酸素治療分野、スポーツ治療に実績のある整形外科、脳振盪を積極的に取り組む脳神経外科、本学歯学部スポーツ歯科など、本学に特徴的な部門・診療科との連携にて、先進的な治療を提供します。

高度な先進医療

  • 高気圧酸素治療(16名同時可能な日本最大級装置)にて治療
  • 整形外科における膝靱帯・半月板の手術件数は、年間100例以上(2015年)
  • スポーツ歯科は、外傷予防のマウスピース、フェイスガードを迅速・テーラーメードで作成

その他

  • 予約制ですので、事前のお問い合わせをお願い致します。
  • 紹介状がある場合は、ご持参ください。