がん診療について

当院のがん診療について

ひとりひとりに安全で優れたがん医療を提供できる人材、設備を整えています

当院では、ご本人だけでなくご家族の深い悩みとなる「がん」に対して、世界の良質な治療を取り入れ、自らも開発しつつ、国内のがんセンターとも連携して、各エキスパートが力を合わせて取り組んでいます。また、療養、医療費、社会復帰、人間関係など、患者さんやご家族が抱える「がん」に関する心配事についても、医療スタッフに加えてソーシャルワーカーなどのサポート体制を整えています。「がん」の専門家たちが患者さんやご家族に寄り添いながら、患者さんが望まれる最善のがん治療ができますよう努めています。

東京医科歯科大学医学部附属病院長 大川 淳

患者さん・ご家族と一緒にがん診療の最善のかたちを考えます

がんと診断されたとき、自分にとっての最適な治療を選択するとき、これ以上の積極的な治療が難しくなったときなど、がん診療においては意思決定において重要な場面がいくつもあります。当院では、主となる診療科に加えて腫瘍センターを中心にがんに関わるさまざまな部門や専門家が連携して、このような時に医療従事者が患者さん・ご家族と一緒に考え、最善の選択ができる場を提供します。

腫瘍センター長 三宅 智