logo

研究・活動報告

2022.7研究・活動報告
岡本師先生、宮崎泰成先生共著の論文がJ Artif Organs誌に掲載されました。「A case of severe respiratory failure due to interstitial pneumonia successfully bridged to lung transplantation from a brain-dead donor using 109-day veno-arterial extracorporeal membrane oxygenation
2022.7研究・活動報告
古澤春彦先生、榛澤智先生、宮崎泰成先生共著の論文がJournal of Clinical Nursing誌に掲載されました。
2022.5研究・活動報告
惠島将先生の論文がRespiratory Investigation誌に掲載されました。「Role of serum surfactant protein-D as a prognostic predictor in fibrotic hypersensitivity pneumonitis
2022.5研究・活動報告
榊原里江先生の論文が肺癌 Japanese Journal of Lung Cancer誌に掲載されました。「オンコマイン™ Dx Target TestⓇの検査成功に関連する因子の探索
2022.5研究・活動報告
古澤春彦先生の論文がThorax誌に掲載されました。「Common idiopathic pulmonary fibrosis risk variants are associated with hypersensitivity pneumonitis
2022.4研究・活動報告
遠藤智先生の論文がCancer Treatment and Research Communications誌に掲載されました。「Profile of metastatic lung cancer patients susceptible to development of thromboembolism during immunotherapy.
2022.4研究・活動報告
当医局の村上先生が大学病院勤務時に経験した症例がRespiratory Medicine Case Report誌に掲載されました。「Successful diagnosis of humidifier lung by individual provocation test to a responsible environment, a case report.
2022.2研究・活動報告
当医局の倉持先生が著者の一人として携わっている研究がNature誌に掲載されました。ぜひご覧ください。「Altered TMPRSS2 usage by SARS-CoV-2 Omicron impacts tropism and fusogenicity.
2022.1研究・活動報告
狹川先生の「Soluble PD-L1 through alternative polyadenylation works as a decoy in lung cancer immunotherapy.」がJCI Insight誌に掲載されました。
2021.11研究・活動報告
杉原先生の「Atypical lymphocytes in the peripheral blood of COVID-19 patients: A prognostic factor for the clinical course of COVID-19.」がPLOS ONE誌に掲載されました。
2021.10研究・活動報告
島田先生の「Characterization of the First Cultured Psychrotolerant Representative of Legionella from Antarctica Reveals Its Unique Genome Structure.」がMicrobiology Spectrum誌に掲載されました。
この研究内容について 国立極地研究所がプレスリリースを発表いたしました。南極の湖から新種のレジオネラ属菌を発見したという内容です。
2021.9研究・活動報告
三ツ村先生の「Treatment of advanced lung cancer based on genomic profiling using liquid biopsy (plasma): A review of three cases.」がThoracic Cancer誌に掲載されました。
2021.9研究・活動報告
片柳先生の「Alternative gene expression by TOLLIP variant is associated with lung function in chronic hypersensitivity pneumonitis.」がChest誌に掲載されました。
この研究内容について 宮﨑泰成教授 瀬戸口靖弘特任教授がプレスリリースを発表いたしました。慢性過敏性肺炎患者さんのうち特定の遺伝子多型を持っていると 線維化が進行しやすいという内容です。
2021.8研究・活動報告
惠島先生の「Efficacy of treatment with corticosteroids for fibrotic hypersensitivity pneumonitis: a propensity score-matched cohort analysis.」がBMC Pulmonary Medicine誌に掲載されました。
2021.8研究・活動報告
山下先生の「薬剤性肺障害を反復するも異なる免疫チェックポイント阻害薬を継続投与し得た肺腺癌の1例.」が肺癌 Japanese Journal of Lung Cancer誌に掲載されました。
2021.8研究・活動報告
安東先生の「遺伝子パネル検査を組み合わせることで,確定診断と適正な治療選択が可能となった,上顎洞癌の胸膜転移の1例.」が肺癌 Japanese Journal of Lung Cancer誌において優秀論文賞を獲得しました。
2021.5研究・活動報告
田坂先生の「Non-inferior clinical outcomes of immune checkpoint inhibitors in non-small cell lung cancer patients with interstitial lung disease.」がLung Cancer誌に掲載されました。
2021.2研究・活動報告
三ツ村先生の「Predictors associated with clinical improvement of SARS-CoV-2 pneumonia.」がJournal of Infection and Chemotherapy誌に掲載されました。
2021.1研究・活動報告
山名先生の「IL-17A-Secreting Memory γδ T Cells Play a Pivotal Role in Sensitization and Development of Hypersensitivity Pneumonitis.」がJournal of Immunology誌に掲載されました。
2021.1研究・活動報告
島田先生の「Chasing Waterborne Pathogens in Antarctic Human-Made and Natural Environments, with Special Reference to Legionella spp.」がApplied and Environmental Microbiology誌に掲載されました。
2020.11研究・活動報告
飯島先生の「MuLBSTA score is a useful tool for predicting COVID-19 disease behavior.」がJournal of Infection and Chemotherapy誌に掲載されました。
2020.10研究・活動報告
11月1日に 呼吸器内科の勉強会(第2回 Clinical Seminar of Respirology)をオンラインで行う予定です。学生、研修医、後期研修医(専攻医)の若手医師を対象とした勉強会です。ぜひご参加ください。
https://docs.google.com/forms/d/10R5ogddWKeNPcyjK7UX4aqjCibDoj_YXFYhRPecaPG8/ よりお申込みください。
2020.10研究・活動報告
白井先生の「COVID-19 pneumonia complicated by bilateral pneumothorax: A case report.」がRepiratory Medicine Case Report誌に掲載されました。
2020.10研究・活動報告
井上先生の「Disruption in the balance between apolipoprotein A-I and mast cell chymase in chronic hypersensitivity pneumonitis」がImmunity, Inflammation and Disease誌に掲載されました。
2020.9研究・活動報告
西山先生の「Human epididymis protein 4 is a new biomarker to predict the prognosis of progressive fibrosing interstitial lung disease」がRespiratory Investigation誌に掲載されました。
2020.7研究・活動報告
榛沢先生の「Changes in serum KL-6 levels during short-term strict antigen avoidance are associated with the prognosis of patients with fibrotic hypersensitivity pneumonitis caused by avian antigens」がRespiratory Investigation誌に掲載されました。