近年、24時間社会となり社会構造が変化するにつれて睡眠障害は大きな社会問題となっています。

睡眠障害のなかでも睡眠時無呼吸症候群は成人の2〜4%を占める疾病で、日中の激しい眠気のため社会生活に大きな影響を及ぼす一方、無呼吸とそれに伴う低酸素血症は本人の健康や生命に大きな脅威を与え、さらに社会資源の損失となります。睡眠は「心と身体が出会う領域」であり循環器疾患や内分泌疾患など内科的疾患だけでなく、認知症、うつ病などの心身・精神疾患との関係も明らかになってきています。

こうした疾患の研究と治療を確立するため、快眠センターは2009年11月に発足致しました。当センターは呼吸器内科医と精神科医のスタッフで始まりましたが、4年目をむかえ歯科および耳鼻科医師のご協力も得て総合的な医療が可能となっています。2013年からは隣接する歯学部附属病院に快眠歯科外来が開設され、睡眠時無呼吸症候群へのよりスムーズな治療アプローチが可能となりました。さらに私たちは、これらの疾患に対して循環器科や内分泌科などの内科と協力して集学的な治療体制の確立と有効な治療法の開発を目指して行きます。

2013 年 7 月


このページのトップに戻る

2014.3.12
4月21日(月)第4回「快眠セミナー」を開催致します。小児OSASの診断と治療について、古畑歯科医院(古畑いびき睡眠呼吸障害研究所)の古畑升先生に御講演頂きます。19時より歯学部7号館4階第4講義室にて。(お問い合わせ: 03-5803-5954 呼吸器内科)

 

2013.8.7
8月5日(月)第4回「快眠」を考える会を開催しました。大変多くの方に御参加頂き、ありがとうございました。

 


 

2012.7.5
7月30日(月)第3回「快眠」を考える会を開催しました。

2012.4.23
第2回快眠セミナーを開催します。
2011.10.20
快眠セミナー『不眠症の認知行動療法』を開催しました。
2011.8.8
第2回 「快眠」を考える会を開催しました。
2010.7.26
第1回 「快眠」を考える会を開催しました。
2009.12.1
3階呼吸器内科外来内にて 『快眠センター』 を開設いたしました。
 ・ 月曜日(午前)、木曜日(午前/午後) : 呼吸器内科医師による睡眠時無呼吸症候群の診察
 ・ 金曜日(午前) : 精神科医師による睡眠障害の診察
2009.10.2
快眠センター・睡眠制御学講座のサイトを開設しました。

このページのトップに戻る