スタッフ紹介

田中顕太郎

教授、病棟医長

ひとこと  頭頸部再建、頭蓋底再建、褥瘡難治性潰瘍皮膚悪性腫瘍の治療などを主に担当しています。当科での診療は、救急救命に関わる緊急を要するものから、整容的機能的な改善により生活の質を向上するものまで、多岐にわたっています。またたとえ同じ病態であったとしても、治療の目標やゴールは患者様によって様々です。それぞれの要望にきめ細やかに対応するためには、あらゆる手術術式や治療法に精通している必要があります。当科では遊離複合組織移植などの高度な手術術式も日常的に行っており、各患者様に適した最高の治療法を一緒に実践していく姿勢を大切に診療に当たっています。
専門・研究領域 頭頸部再建褥瘡難治性潰瘍皮膚悪性腫瘍、マイクロサージャリー、創傷治癒

職歴

北海道大学医学部附属病院形成外科 2001年5月~、旭川厚生病院形成外科 2002年4月~、北海道大学医学部附属病院形成外科 2002年10月~、東京医科歯科大学医学部附属病院形成・美容外科医員 2003年4月~、国立がんセンター頭頸科レジデント 2004年4月~、東京医科歯科大学医学部附属病院形成・美容外科医員 2007年4月~、助教 2012年4月~、特任助教 2016年4月~、教授(機能再建学担当) 2018年10月~

所属学会

日本形成外科学会(評議員、専門医、皮膚腫瘍外科分野指導医)、日本マイクロサージャリー学会、日本頭頸部癌学会、日本創傷外科学会(専門医)、日本形成外科手術手技学会、日本皮膚悪性腫瘍学会、日本頭蓋底外科学会(評議員)、日本下肢救済足病学会、 日本頭蓋顎顔面外科学会、日本顔面神経学会

主要業績

  • Tanaka K, Yano T, Homma T, Tsunoda A, Aoyagi M, Kishimoto S, Okazaki M. A new method for selecting auricle positions in skull base reconstruction for temporal bone cancer. Laryngoscope. 128:2605-2610, 2018.
  • Tanaka K, Igari K, Kishino M, Usami S, Homma T, Toyofuku T, Inoue Y, Okazaki M. The possibility of free tissue transfer as a nutrient flap for critical ischemic foot: A case report. Microsurgery. 37:694-698, 2017.
  • Tanaka K, Okazaki M, Homma T, Yano T, Mori H. Bilateral inferior alveolar nerve reconstruction with a vascularized sural nerve graft included in a free fibular osteocutaneous flap after segmental mandibulectomy. Head & Neck 38:E111-E114, 2016
  • Tanaka K, Okazaki M, Yano T, Akiyama M, Mori H, Uemura N. Volumetric changes in transplanted vascularized fat flaps after ischemic or congestive stresses and their relationship to capillary density in a zucker fatty rat model. Microsurgery 35: 653-661, 2015
  • Tanaka K, Okazaki M, Yano T, Miyashita H, Homma T, Tomita M. Quantitative Evaluation of Blood Perfusion to Nerves Included in the Anterolateral Thigh Flap using Indocyanine Green Fluorescence Angiography: A Different Contrast Pattern between the Vastus Lateralis Motor Nerve and Femoral Cutaneous Nerve. J of Reconstructive Microsurgery 31: 163-170, 2015
  • Tanaka K, Okazaki M. Visualization of blood supply to the ‘vascularized nerve' with anterolateral thigh flap using indocyanine green fluorescence angiography. J Plast Reconstr Aesthet Surg 66: 146-147, 2013
  • Tanaka K, Mori H, Okazaki M, Nishizawa A, Yokozeki H. Long-term treatment outcome after only popliteal lymph node dissection for nodal metastasis in malignant melanoma of the heel: the only "interval node" dissection can be an adequate surgical treatment. Case Reports in Oncological Medicine 2013: 259326, 2013
  • 田中顕太郎, 岡崎 睦. partⅠ老年症候群 9褥瘡. 病棟レジデント、病棟医のための 高齢患者診療マニュアル. メディカルサイエンスインターナショナル. 2013, 69-78
  • Tanaka K, Sakuraba M, Miyamoto S, Hayashi R, Ebihara M, Miyazaki M, Shinozaki T, Daiko H, Yano T. Analysis of Operative Mortality and Post-operative Lethal Complications after Head and Neck Reconstruction with Free Tissue Transfer. Japanese Journal of Clinical Oncology 41: 758-763, 2011
  • 田中顕太郎, 矢野智之, 森 弘樹, 岡崎 睦. 人工物による腹壁瘢痕ヘルニア修復術後の感染症例に対する遊離大腿筋膜移植術を用いた治療経験. 創傷 2: 26-34, 2011
  • 田中顕太郎, 大幸宏幸, 櫻庭 実, 林 隆一. 術後頸部リンパ漏に対するソマトスタチンアナログの有効性の検討. 頭頸部癌 2008; 33: 568-571
  • 田中顕太郎, 橋本学, 高地明. 右肺全摘出早期に上大静脈血栓症を発症した一例. 日本集中治療医学会雑誌 2007; 14: 221-225
  • 田中顕太郎, 櫻庭 実, 浅野隆之, 矢野智之, 林 隆一. 遊離組織移植術後のプロスタグランジンE1の投与と移植組織の生着に関する検討. 日本マイクロサージャリー学会会誌 2007; 20: 332-338