スタッフ紹介

森 弘樹

主任教授、診療科長

ご挨拶 医学部ホームページへ
E-Mail moriplas@tmd.ac.jp
専門・研究領域 乳房再建顎顔面外科口唇裂眼瞼皮膚悪性腫瘍、マイクロサージャリー
大学以外の診療施設 土浦協同病院(1, 3, 5月曜日)、横浜市立みなと赤十字病院(2, 4水曜日 手術のみ)、湘南藤沢徳洲会病院(2, 4土曜日)

職歴

東京医科歯科大学医学部附属病院皮膚科(形成外科診療班)1993年6月-、東京医療生活協同組合中野総合病院形成外科1995年7月-、佐久市立国保浅間総合病院形成外科1996年4月、北海道大学医学部附属病院形成外科1996年7月-、市立札幌病院形成外科1997年4月-、佐久市立国保浅間総合病院形成外科1998年7月、東京医科歯科大学形成外科1999年7月、助手2002年1月、助教2007年4月、講師2007年10月、主任教授2018年10月-

所属学会

日本形成外科学会(評議員、専門医、再建・マイクロサージャリー分野指導医、皮膚腫瘍外科分野指導医、小児形成外科分野指導医)、国際形成外科学会、日本頭蓋顎顔面外科学会(専門医)、日本乳癌学会、日本皮膚悪性腫瘍学会、日本口蓋裂学会、日本美容外科学会、日本創傷外科学会(評議員)、日本マイクロサージャリー学会、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会(理事、評議員)、日本形成外科手術手技学会(理事)、日本手外科学会、American Society of Plastic Surgeon

主要業績

原著

  • Mori H, Uemura N, Koga H, Okazaki M. Objective assessment of reconstructed breast hardness using a durometer. Breast cancer 2018;25:81-85
  • Mihara R, Mori H, Okazaki M. Nipple reconstruction with dorsal skin provides better projection than reconstruction with abdominal or breast skin with cartilage grafting. Aesthetic Plastic Surgery. 2017; 41: 31-35
  • Mori H, Uemura N, Okazaki M, Nakagawa T, Sato T. Nipple malposition after nipple-sparing mastectomy and expander-implant reconstruction.Breast Cancer. 2016;23:740-4
  • Mori H, Uemura N, Okazaki M. Nipple reconstruction with banked costal cartilage after vertical-type skin-sparing mastectomy and deep inferior epigastric artery perforator flap. Breast Cancer22: 95-97, 2015
  • Mori H, Kanda E, Okazaki M. Bottle opener flap for medial canthal defect. Dermatol Surg. 2014;40:1413-5.
  • Mori H, Okazaki M. Is the sensitivity of skin-sparing mastectomy or nipple-sparing mastectomy superior to conventional mastectomy with innervated flap? Microsurgery 31:428-433, 2011.
  • Mori H, Yano T, Tanaka K, Okazaki M. Two pedicled perforator flaps combined with a fascia graft for a large lateral lumbar defect. Journal of Plastic, Reconstructive & Aesthetic Surgery 64: 274-276, 2011
  • Kamioka N, Mori H, Okazaki M. Significant reduction of hypertrophic scarring by lateral vertical incision in skin-sparing and nipple-sparing mastectomy. J Med Dent Sci 57:203-208, 2010
  • Liu Y, Mori H, Hata Y. Does neoadjuvant chemotherapy for breast cancer increase complications during immediate breast reconstruction? J Med Dent Sci 2009; 56: 55-60
  • Mori H, Hata Y. Modified C-V flap in nipple reconstruction. Journal of Plastic, Reconstructive & Aesthetic Surgery 2008; 61: 1109-1110
  • Mori H, Akita K, Hata Y. Anatomical study of innervated transverse rectus abdominis musculocutaneous and deep inferior epigastric perforator flaps. Surgical and Radiologic Anatomy 2007; 29:149-154
  • Mori H, Umeda T, Osanai T, Hata Y. Esthetic evaluation of immediate breast reconstruction after nipple-sparing or skin-sparing mastectomy. Breast Cancer 2005; 12: 299-303
  • Mori H, Hata Y, Umeda T, Tanaka K. Ear reconstruction in elderly patients: a two-part helix method in a framework. British Journal of Plastic Surgery 2002; 55: 589-591
  • Mori H、Hata Y, Umeda T. The Injection of Foreign Materials in Asia : Case ReportJournal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery 21:22-24, 2001
  • Mori H,Umeda T,Nishioka K, et al.Ingrown Nails:A comparison of the Nail Matrix Phenolization Method with the Elevation of the Nail Bed-Periosteal Flap Procedure.J. Dermatol25:1-4,1998
  • Mori H, Aoki K, Katayama I, et al. Humoral hypercalcemia of malignancy with elevated plasma PTHrP, TNFα and IL-6 in cutaneous squamous cell carcinoma. J Dermatol 23:460-462, 1996

総説・著書

  • 森 弘樹. 乳房インプラント関連未分化大細胞型リンパ腫(Breast Implant Associated - Anaplastic Large Cell Lymphoma; BIA-ALCL)の知っておくべき要点. 乳癌の臨床2020; 35(2): 103-111.

  • 森 弘樹. 広背筋皮弁 PEPARS 159・235〜239 2020

  • 森 弘樹, 植村法子, 末貞伸子, 石井義剛. 乳頭乳輪再建 Oncoplastic Breast Surgery. 2019; 4: 1-7.
  • 森 弘樹. 【ベーシック&アドバンス 皮弁テクニック】広背筋皮弁. PEPARS. 2018; 135: 58-63.
  • 森 弘樹 岡崎 睦, 久保田一徳, 町田洋一 乳房自家組織再建へのMDCTの応用 PEPARS 73 40 46 2013
  • 森 弘樹. 皮下乳腺全摘と自家組織移植による乳房再建. 乳房・乳頭の再建と整容:最近の進歩. 克誠堂出版 2010, p123-131
  • 森 弘樹, 植村法子. Skin-sparing mastectomyと乳房一次再建. 形成外科 2009; 52: 677-684
  • 森 弘樹. 霰粒腫: chalazion. 形成外科医に必要な皮膚腫瘍の診断と治療. 文光堂 2009, p85
  • 森 弘樹. 眼瞼黄色種:xanthelasma palpebrarum. 形成外科医に必要な皮膚腫瘍の診断と治療. 文光堂 2009, p86
  • 森 弘樹, 秦 維郎. 腋臭症の切開とアプローチ法. PEPARS 2008; 23: 147-150
  • 森 弘樹, 秦 維郎, 長内孝之. 乳腺全摘後の即時乳房再建. 日本臨牀2007; 65, suppl 6: 455-459
  • 森 弘樹, 秦 維郎. 熱傷後瘢痕拘縮の治療. 救急医学2007; 31: 822-823

現在の研究テーマ

刺青の色変化、陰圧療法を併用した脂肪移植の基礎研究、軟骨移植を併用した乳頭再建の予後調査、乳房知覚再建の長期予後、眼瞼痙攣の外科的療法

競争的資金による研究

  • 平成30-32年 森 弘樹. 科学研究費補助金 基盤研究C. 日本学術振興会. 皮膚・神経相互作用におけるTRPチャネルとミッドカインの役割の解明
  • 平成27-29年 森 弘樹. 科学研究費補助金 基盤研究C. 日本学術振興会. 脱神経皮弁における神経再生の機序の解明 –皮膚からのシグナ ルに着目して-
  • 平成24-26年 森 弘樹. 科学研究費補助金 基盤研究C. 日本学術振興会. 非創傷部位への陰圧療法の可能性を探る 末梢神経再生・移植脂肪生着増加を目指して
  • 平成22年 森 弘樹. 第5回 乙卯研究所研究助成「レチノイドの臨床試験」. 乙卯研究所

多施設研究

  • 日本乳がん学会班研究 第26回 令和2~3年度 乳房再建の予後と安全性に関する研究
  • 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 令和2~5年度 多施設共同研究 乳房再建用組織拡張器および人工乳房の被膜に関する研究