診療科・センター・部門

泌尿器科外来担当表はこちら

科長のご紹介

最新テクノロジーの導入、新規医療の開発・実践により、患者さんに真に役立つ医療を提供いたします。

科長 藤井 靖久 -Yasuhisa Fujii-
専門医 日本泌尿器科学会認定 泌尿器科専門医
専門分野 泌尿器科学
研究領域 腎腫瘍の鑑別診断モデルの開発
腎がん手術後の腎機能変化および高血圧発症メカニズム
筋層非浸潤膀胱がんの再発・進展予測モデルの開発
筋層浸潤膀胱がんの膀胱温存療法の開発
合併症の少ない前立腺がん手術の開発
専門外来 コンチネンスケア外来(尿路ストーマ)
尿失禁・膀胱子宮脱専門外来
泌尿器がん臓器温存外来
電話番号 03-5803-5680
専用ホームページ http://tmdu.tokyo/

当科では、前立腺、腎臓、膀胱、副腎、腎盂・尿管、精巣、尿道などの疾患を主な対象として、患者さんごとに全スタッフの力を合わせて最適な治療法を選択しています。呼吸・循環障害など合併症を持つ患者さんに対しては、関連する他科との緊密な連携のもとに診療にあたっています。患者さんの十分な納得のもとに、患者さんそれぞれに適した診療を行うよう努めています。

診療科の概要

手術支援ロボット ダビンチXi

泌尿器科臨床の多くで世界トップレベルの医療を提供できる診療体制をとっています。患者さんそれぞれに適した低侵襲手術を提供するべく、泌尿器がんおよび副腎腫瘍に対して、ロボット支援手術(ダビンチ手術)、または当科で開発したミニマム創内視鏡下手術を施行しています(2008年より腹腔鏡下小切開手術として保険収載されています。)。また、腎臓がん、膀胱がん、前立腺がんに対して、最大限に臓器機能(腎機能、膀胱機能、前立腺機能)を温存する、質の高い臓器温存療法を提供するべく、筋層浸潤性膀胱がんの膀胱温存、腎がんの無阻血・無縫合腎部分切除、前立腺小線源部分治療を開発し施行しています。
オリゴ転移(転移数が限られた)腎臓がんや前立腺がんに対しては、薬物治療に加え、転移部位に対する積極的な標的療法を行なっています。
泌尿器がん診療に加え、良性疾患においても、骨盤臓器脱に対してはダビンチ仙骨膣固定術、経腟メッシュ手術(TVM手術)、メッシュを用いない経腟的手術を、尿失禁に対しては人工尿道括約筋植込術、中部尿道スリング手術(TVT/TOT手術)、ボツリヌストキシン膀胱壁内注入療法を、尿路結石症に対しては経尿道的尿路結石破砕術、体外衝撃波結石破砕術を、前立腺肥大症に対しては経尿道的前立腺切除術、経尿道的前立腺核出術、経尿道的前立腺吊り上げ術(ウロリフト)を、といったように、病状や患者さんの状況に応じた治療選択肢を提示できる体制を整えています。

取り扱うおもな疾患

前立腺がん、腎がん、膀胱がん、腎盂・尿管がん、副腎腫瘍、精巣がん、後腹膜腫瘍、前立腺肥大症、神経因性膀胱、尿路結石、尿路感染、尿失禁、骨盤臓器脱

おもな診断・治療法

前立腺がん: ダビンチ前立腺全摘除、ミニマム創内視鏡下前立腺全摘除、MRI-超音波融合ガイド下前立腺生検、全機能温存部分小線源治療、オリゴ転移がんに対する標的放射線療法
腎がん: ダビンチ根治的腎摘除、ダビンチ腎部分切除、ミニマム創内視鏡下無阻血・無縫合腎部分切除
膀胱がん: ダビンチ膀胱全摘除、筋層浸潤性膀胱がんに対する4者併用膀胱温存療法(経尿道膀胱腫瘍切除+化学療法+放射線療法+ミニマム創内視鏡下膀胱部分切除)、ミニマム創内視鏡下膀胱全摘除
骨盤臓器脱・尿失禁: ダビンチ仙骨膣固定術、TVM手術、人工尿道括約筋植込術、TVT/TOT手術、ボツリヌストキシン膀胱壁内注入療法
尿路結石症: 経尿道的尿路結石破砕術、体外衝撃波結石破砕術
前立腺肥大症:経尿道的前立腺切除術、経尿道的前立腺核出術、経尿道的前立腺吊り上げ術(ウロリフト)

高度な先進医療

前立腺がん、膀胱がん、腎臓がんおよび骨盤臓器脱に対してダビンチ手術を施行しています。また、全ての泌尿器がんおよび副腎腫瘍に対し、ミニマム創内視鏡下手術(CO2ガス不使用、単一孔、3Dヘッドマウントディスプレイ使用)を施行しています。
前立腺がんの正確な診断と病変の広がり評価を行うため、リアルタイムナビゲーションシステムである、MRI-超音波融合前立腺生検を行なっています。
また、オリゴ転移前立腺がんの診断を機能的画像診断である全身拡散強調MRIを使用し行い、転移部位に対する標的放射線療法を積極的に施行しています。
前立腺全摘除後などに生じた男性重症尿失禁に対して、人工尿道括約筋植込術を行なっています。

診療科における研究テーマ

  • 患者と社会に貢献する低侵襲治療法の開発
  • 筋層浸潤性膀胱がんの膀胱温存療法の開発
  • 前立腺がんの全機能温存治療法の開発
  • 腎がん治療における至適腎機能温存療法の開発
  • 泌尿器がんの新規予後予測法の確立(新ノモグラム作成、新バイオマーカー探究など)
  • 泌尿器腫瘍画像診断における人工知能(AI)の活用
  • 画像診断に基づく前立腺がんに対する個別化診療の開発
  • 全身MRI など最新画像診断の活用

取り組み

それぞれの患者さんに適した低侵襲手術を提供するため、二つの先進的な泌尿器がん手術(ダビンチ手術とミニマム創手術)を行なっています。また、腎臓がん、膀胱がん、前立腺がんの患者さんに対して、治療効果を損なうことなく、最大限の機能(腎機能、膀胱機能、前立腺機能)を温存することを目指した臓器温存療法の施行に注力しています。
早期前立腺がんや小径腎腫瘍に対して、適切な診断を提供するために、画像診断と生検を使用し、診断精度向上に努めています。また、転移のある患者さんに対して、転移病変に対する標的療法を含め、患者さんごとに適した個別化診療の提供を積極的に行なっています。
尿路結石や排尿障害といった良性疾患に対しても最先端の治療を取り入れ、病状に応じて最適な治療を提供することを心掛けています。

その他

急増している泌尿器がんに力を入れており、最小の傷と痛み、最大限の機能温存(腎機能、膀胱機能、前立腺機能)、早期退院を図り、病棟での耐性菌を抑制する環境を作っています。