医師臨床研修(初期)

周産期プログラム

将来、小児科または産婦人科を専攻する研修医のためのコース

1年目は大学病院または土浦協同病院で、内科系・外科系を含めたローテーション研修を行い、 医師として基礎となる必要な知識・手技を習得します。2年目は大学病院で小児科または産婦人科を中心に研修を行い、2年目後半で1~2ヶ月のステップアップ研修として学外病院での専門研修や関連診療科での重点研修が選択できます。

小児科 診療科長森尾 友宏

 小児科領域を幅広く診療する臨床能力と、専門分野でより高度な医療を実践できる力を涵養します。指導医体制・研修体制が充実していることも特徴です。小児外科研修やステップアップ研修の機会も用意されています。

産婦人科 診療科長宮坂 尚幸

 生殖内分泌、周産期、女性ヘルスケア、婦人科腫瘍など、女性の生涯 に関わる幅広い分野のプライマリケアと、各専門領域の高度な研修ができる、魅力あるプログラムを用意しております。

・ステップアップ研修として、2年目に周産期重点協力病院をローテート可能
・ステップアップ研修には臨床研修制度上の要件があるので、興味のある方はお問い合わせください

協力病院

小児重点:土浦協同病院、川口市立医療センター、武蔵野赤十字病院、国立成育医療研究センター、
     都立小児総合医療センター、都立神経病院、都立府中療育センター、子ども在宅クリニックあおぞら診療所墨田

産婦人科重点:土浦協同病院、国保旭中央病院、都立大塚病院、都立駒込病院、木場公園クリニック