医師臨床研修(初期)

プログラムⅡ

協力病院において1年目研修を行い、大学病院において2年目研修を行う方式

プログラムⅡ責任者井津井 康浩

 プログラムⅡでは1年目を協力病院でcommon diseaseを存分に経験しながら内科・外科・救急を中心に研修し、2年目は大学病院で自由選択科研修を通じて進路決定や興味がある分野で幅広い研修もできます。地域医療研修では、プライマリ・ケア領域専門医のもとで外来や在宅診療研修を行います。つまりプライマリ・ケアから高度専門医療までカバーする研修を提供しています。オプションとして、秋田・島根でのより深い地域医療研修や国立保健医療科学院といった本学ならではの研修ができるので、臨床だけでなく、地域医療や公衆衛生に興味のある方は是非プログラムⅡを選択肢に加えて下さい。また、学生や1年目研修医のいちばん相談しやすい身近な存在として活躍して欲しいと期待しています。後輩の指導が好きな方、指導しながら自ら学んでいくことに喜びを感じる方にはオススメなプログラムです。

1年目(協力病院)
  1. 内科を24週以上、救急、外科を8週以上のブロック研修
  2. 研修病院により、救急および一般外来研修にバリエーションあり(救急当番や一般外来ブロック)
2年目(大学)
  1. 救急、小児、産婦、精神科を各4週以上のブロック研修
  2. 地域医療を4週以上のブロック研修
  3. 一般外来を2年間で4週相当以上の並行研修