専門研修(後期)

小児科東京医科歯科大学小児科専攻医研修プログラム

専門研修プログラム統括責任者からのメッセージ

発生発達病態学分野 教授 森尾 友宏

小児科は生涯における「最初の大切な十数年」を担当し、成人領域につなぐ診療科です。こどもの健全な成長と発達を念頭におきながら、成長、発達の過程にある小児のみならず、場合によっては胎児期から、若年成人まで、幅広い年齢を対象とし、さらにはすべての領域を幅広く診療するという意味ではgeneral physicianとして高い能力が求められます。一方、現在の日本では、それぞれの専門分野(subspecialty)に対してはより高度な医療を提供することが求められ、それらに対する高い臨床技術を併せ持つことも重要です。さらに小児特有の成長、発達に関する幅広い知識はもちろんのこと、医師以外の医療スタッフとの協調性、社会的な多くの事象を含む問題対応能力、安全管理能力、患者やその家族との良好なコミュニケーションを確立する技術など、幅広い視野と経験に基づいた高い診療技術が要求されます。
また、私たち大学病院を中心とする小児科医に課せられた課題は、基本に立ち返り、疾患の根本原因と発症機序を探索することだと考えています。原因が解明されれば対応策に辿り着きます。根治的治療法の開発から、こどもを成人領域にひきつぎ、思い通りの社会生活を送ってもらうことは重要な目標です。従って、research mindを持つ先生方のご希望も大切にしていきたいと考えています。
東京医科歯科大学小児科には全国から、心優しく、能力の高い初期研修医、後期研修医、中堅医師が集まっています。私たちは多様性を大切にします。様々な大学、背景や社会からの人材を大切にします。曇りのない眼で、生命現象の理解、疾患の理解、小児疾患のより良い治療のために尽くしたいと願っています。そのためには知恵の結集と努力の積み重ねが必要です。私たちと共に切磋琢磨する仲間を心から歓迎します。

研修プログラムの理念

東京医科歯科大学小児科専攻医研修プログラムは、「最高レベルの一般診療と最先端の専門医療の提供」をモットーに、小児医療の水準向上・進歩発展を図り、小児の健康増進および福祉の充実に寄与する優れた小児科専門医を育成することを目的とします。また「小児科医は子どもの総合医である」という基本的姿勢に基づいて「子どもの総合診療医」「育児・健康支援者」「子どもの代弁者」「学識・研究者」 「医療のプロフェッショナル」の5つの資質を備えた小児科専門医となるべく、一定の専門領域に偏ることのない幅広い研修を提供し、上記の社会的要望に応えられるような優れた小児科医の育成を目指します。
一方、これから小児科医になられる若手の先生方とっては、専門研修が修了した後、どのような小児科医になるか、あるいはどのようなキャリアを積まれるか、ということも大変大きな問題であり、それぞれのライフプランに応じて選択する研修コースや内容も異なってくることと思います。東京医科歯科大学小児科専攻医研修プログラムは、専門研修が果たすべき役割を踏まえながら、より多くの先生方の幅広い御要望に応えられるよう、複数のコースを提供します。これらのうちいくつかは女性の先生方や、ご家庭の事情にも配慮できるものです。無論、いずれのコースでも大学を含む地域基幹施設クラスでの豊富な症例と指導医に基づいた研修が受けられる一方、それぞれ臓器別の高い専門性をもつ症例についても、優れた指導医のもとで研修を受けることができます。
多くの様々な考え方を持った先生方に我々のプログラムの研修を受けていただくことで、小児医療の多様性を維持するとともに、それらが最善の医療を提供し、よりよい医療の開発を目指しています。このような目標に少しでも近づけるよう、皆様と一緒に仕事をすることができることを楽しみにしております。

連携施設一覧

ネットワーク施設名(連携施設)

  • 土浦協同病院
  • 川口市立医療センター
  • 東京北医療センター
  • 武蔵野赤十字病院
  • JAとりで総合医療センター
  • 草加市立病院
  • 東京ベイ浦安市川医療センタ―
  • 練馬光が丘病院
  • 都立墨東病院
  • 千葉市立海浜病院

関連施設一覧

  • 茨城県立こども病院
  • 榊原記念病院
  • 都立小児総合医療センター
  • あおぞら診療所(墨田)
  • 東京都立神経病院神経小児科

東京医科歯科大学小児科専攻医研修プログラム

  1. クリックするとプログラムを閲覧できます。

運営診療科の紹介

小児科(発生発達病態学分野)
http://www.tmd.ac.jp/med/ped/index.html

プログラム説明会/入局説明会情報

専門研修(後期)説明会のお知らせ

問い合わせ先

プログラムの問い合わせ先 小児科医局秘書
問い合わせ先メールアドレス ped-sec.ped@tmd.ac.jp

前のページへ戻る