専門研修(後期)

産婦人科東京医科歯科大学産婦人科研修プログラム

専門研修プログラム統括責任者からのメッセージ

生殖機能協関学分野 教授 宮坂 尚幸

産婦人科は、二つの個体からもう一つの新しい個体が発生する生殖医療に始まり(生殖医学)、母児が命がけで臨む出産の現場に立ち会い(周産期医学)、加齢とともに生じる女性特有の問題(女性医学)を解決し、女性生殖器に発生する様々な腫瘍(婦人科腫瘍学)と対峙するなど、女性の一生に幅広く関わる診療科です。その一方で、生殖医療では体外受精・胚移植をはじめとする生殖補助医療が、周産期医療では集学的治療を必要とするハイリスク妊娠の管理や胎児医療が目覚ましい発展を遂げ、女性のクオリティオブライフ向上を追求する女性医学の発達や、内視鏡手術の導入による婦人科腫瘍手術の低侵襲化など、高い診療技術に裏打ちされた高度な医療を提供する能力も要求されております。少子高齢化が進み人口構造が大きく変化してきている本邦において、産婦人科医の果たすべき役割は非常に大きなものになってきております。しかしながら、全国的に産婦人科医の数は充足しているとは言えず、能力のある若い医師を育成することは大学病院の重要な責務の一つであります。
東京医科歯科大学周産・女性診療科およびその連携施設は、上記の各産婦人科領域のエキスパートが揃っており、すべての領域について十分な臨床経験が積める研修体制を構築して参りました。さらに、各診療領域が協働し、他診療科や他研究施設と連携することにより、将来医学研究を行うために必要なリサーチマインドの涵養にも努め、若手医師の持つポテンシャルを将来にわたって最大限に発揮できる環境を整えております。私たちと共に学び、働き、そして産婦人科医療を楽しんでくれる仲間を、心よりお待ちしております。

研修プログラムの理念

産婦人科専門医制度は、産婦人科専門医として有すべき診療能力の水準と認定のプロセスを明示する制度である。そこには医師として必要な基本的診療能力(コアコンピテンシー)と産婦人科領域の専門的診療能力が含まれる。そして、産婦人科専門医制度は、患者に信頼され、標準的な医療を提供でき、プロフェッショナルとしての誇りを持ち、患者への責任を果たせる産婦人科専門医を育成して、国民の健康に資する事を目的とする。特に、東京医科歯科大学医学部附属病院周産・女性診療科を基幹施設とする専門研修プログラムでは、医師として、また産婦人科医師として、基本的診療能力や幅広い知識を研修プログラムの中で共通課題として確実に習得し、社会に貢献することを目標としている。

連携施設一覧

  • 国保旭中央病院
  • 土浦協同病院
  • JAとりで総合医療センター
  • 東京都立多摩総合医療センター
  • 東京都立大塚病院
  • 青梅市立総合病院
  • 医療法人鉄蕉会 亀田総合病院
  • 獨協医科大学病院
  • 総合守谷第一病院
  • 東京都立駒込病院
  • 田園都市レディースクリニック
  • 国立がん研究センター中央病院
  • 医療法人恵愛会恵愛病院
  • 東京都立広尾病院
  • 獨協医科大学埼玉医療センター
  • 横浜市立みなと赤十字病院
  • 武蔵野赤十字病院

東京医科歯科大学産婦人科専攻医研修プログラム

  1. クリックするとプログラムを閲覧できます。

運営診療科の紹介

周産・女性診療科(生殖機能協関学)
http://www.tmd.ac.jp/med/gyne/index.html

プログラム説明会/入局説明会情報

専門研修(後期)説明会のお知らせ

問い合わせ先

プログラムの問い合わせ先 若菜 公雄
問い合わせ先メールアドレス k.wakana.crm@tmd.ac.jp

前のページへ戻る