専門研修(後期)

泌尿器科東京医科歯科大学泌尿器科専門研修施設群専門研修プログラム

専門研修プログラム統括責任者からのメッセージ

腎泌尿器外科学分野(泌尿器科)教授 藤井 靖久

 泌尿器科学は、悪性腫瘍(癌)、前立腺肥大症などの排尿障害、副腎腫瘍などの内分泌学、尿路結石、腎機能異常、泌尿器放射線学、神経泌尿器科、男性科、小児泌尿器科、女性泌尿器科、尿路感染、尿路外傷など広い領域を扱っている学問です。社会の高齢化に伴い、患者さんが急増している科です。

 泌尿器科の研修をするにあたり、まずは幅広い領域で、世界の標準的治療を学ぶ必要があると思われます。私たちのプログラムでは、充実した連携施設を有しており、質、量ともに十分な研修が受けられます。例えば、ロボット支援手術(ダビンチ手術)は、基幹施設である東京医科歯科大学医学部附属病院を初め、4つのがんセンター(がん研究会有明病院、がん・感染症センター都立駒込病院、国立がん研究センター東病院、埼玉県立がんセンター)で実施しています。三次救急を担う地域中核病院が3施設(公立昭和病院、さいたま赤十字病院、土浦協同病院)あり、また都立大塚病院での尿路結石治療など、それぞれの病院で特徴的、先進的な診療を行っています。

 当教室では、ガイドラインに則った世界標準の診療を行うだけなく、患者さん・社会に役に立つ新規医療を開発し、世界に発信することを大きな目標にしています。泌尿器腫瘍に対するガスレス・シングルポート・ロボサージャン手術(ミニマム創内視鏡下手術)、筋層浸潤膀胱癌に対するテトラモダリティー膀胱温存療法、腎癌に対する無阻血腎部分切除など、是非とも教室のホームページをご覧ください。

http://www.tmd.ac.jp/med/uro/index.htm

 このようなプログラムで、私たちと一緒に働きませんか?
意欲ある若手の先生方の参加を心からお待ちしています。

研修プログラムの理念

泌尿器科専門研修プログラムの目的

泌尿器科専門医制度は、医の倫理に基づいた医療の実践を体得し、高度の泌尿器科専門知識と技能とともに地域医療にも対応できる総合的診療に必要な基本的臨床能力を修得した泌尿器科専門医の育成を図り、国民の健康増進、医療の向上に貢献することを目的とします。

泌尿器科専門医の使命

泌尿器科専門医は小児から成人に至る様々な泌尿器疾患、ならびに我が国の高齢化に伴い増加が予想される排尿障害、尿路性器悪性腫瘍、慢性腎疾患などに対する専門的知識と診療技能を持ちつつ、高齢者に多い一般的な併存疾患にも独自で対応でき、必要に応じて地域医療との連携や他の専門医への紹介・転送の判断も的確に行える能力を備えた医師です。泌尿器科専門医はこれらの診療を実践し、総合的診療能力も兼ね備えることによって社会に対する責務を果たし、地域医療にも配慮した国民の健康・福祉の増進に貢献します。

研修プログラムの特色

東京医科歯大学泌尿器科専門研修プログラムは、東京医科歯科大学医学部附属病院を基幹施設とし、13の連携施設と 7つの協力施設から構成されています。本プログラムでは、都会拠点病院、地方拠点病院、都会診療所を含み、幅広い研修が可能です。

これらの中には 、8がん診療拠点病院(4がんセンター含む)、6地域医療支援病院があり、ほとんどの施設が悪性腫瘍を中心に症例の多い病院で、質、量ともに十分な研修が受けられます。 最先端手術として、ガスレス・シングルポート・ロボサージャン手術(先端型腹腔鏡下小切開手術)を実施する病院が2施設、ロボット支援手術(ダビンチ手術)を実施する病院が5施設含まれます。また、尿路結石、女性尿器科、前立腺肥大症の先端的治療を行っている施設もあり、幅広い領域の研修が可能で、サブスペシャリティ領域の研修も十分に経験できます。

さらに、充実した臨床研究や基礎研究を行うことができ、国際発表も経験できる内容になっています。また専門研修後には、大学院への進学や 専門分野の研修も可能です。国際的に活躍できる泌尿器科医師を養成すること目標にしています。

連携施設一覧

  • 東京医科歯科大学
  • 多摩南部地域病院
  • 土浦協同病院
  • 東京都立大塚病院
  • さいたま赤十字病院
  • 埼玉県立がんセンター
  • 草加市立病院
  • 国立国際医療研究センター国府台病院
  • がん研有明病院
  • JAとりで総合医療センター
  • 公立昭和病院
  • 大森赤十字病院
  • がん・感染症センター都立駒込病院
  • 国立がん研究センター東病院

東京医科歯科大学泌尿器科専攻医研修プログラム

  1. クリックするとプログラムを閲覧できます。

運営診療科の紹介

泌尿器科(腎泌尿器外科学分野)
http://www.tmd.ac.jp/med/uro/index.htm

プログラム説明会/入局説明会情報

専門研修(後期)説明会のお知らせ

問い合わせ先

プログラムの問い合わせ先 吉田 宗一郎
問い合わせ先メールアドレス s-yoshida.uro@tmd.ac.jp

前のページへ戻る