研修医の声

2021年 研修医の声

東京医科歯科大学を研修施設として選んだ理由を教えてください。

  • 森澤 淳司1年目

    名古屋大学

    このプログラムを選んだ理由は、医学の最先端を担う先生方が多くいるからです。ロールモデルを見つけやすいため、自分の将来のビジョンも描きやすく、高いモチベーションをもって研修ができると思いました。また、たすき掛けのシステムによって、同時に市中病院を経験できることも魅力的でした。市中病院では多くの症例に触れることで、医療の現場を体感できると思いました。

  • 渡部 良平2年目

    東京医科歯科大学

    大学病院での専門性の高さと、幅広い症例を経験できる市中病院の両方を初期研修の2年間で経験できる研修プログラムを魅力に感じました。また、充実したセミナーや教育体制、きめ細やかなバックアップも当院の初期研修に決めたきっかけとなりました。

実際に研修を始めてみてどんな感想をお持ちですか?

  • 後藤 佳名子1年目

    山形大学

    どの科でも先生方が教育熱心で、非常に勉強になることが多いです。何事もチャレンジしてみようという雰囲気が強く、手技も多く経験させていただいています。また、カンファレンスや検討会が頻繁にあり、プレゼン能力が磨かれるとともに、様々な先生方の見解や最新の研究成果などを聞くことができ、日々知識がブラッシュアップされていると感じます。

  • 柏木 菜緒2年目

    東京医科歯科大学

    大学病院は患者さんは紹介されて受診される方がほとんどです。それは、市中では、専門性が高くて大学に送って診てもらっていたような患者さんの”その後”を見ることができるということです。2年間の研修を通して、”送る側””送られる側”の両方を経験でき、将来のことを具体的に思い描きやすいように感じております。
    また、大学は教育機関であることもあり、先生方が本当に教育に長けていると思います。市中は市中で、主体となって診療する若手の先生方の背中を見ることができて、私自身が今何を学ぶべきなのか、よく考えながら研修ができたと思います。
    研修先を選択したときに考えていた、二つの異なる性質の病院で幅広い経験ができ、将来設計を具体的に考えやすくなっていると感じております。

2年目の研修が始まり、今どんな感想をお持ちですか?

  • 山本 晴二郎2年目

    昭和大学

    大学から市中病院に研修の場が移り、研修医主体で動く場面が多いことに不安も感じていますが、大学の良い点と市中病院の良い点をしっかり吸収して、幅広い力を身につけたいと思っています。

  • 和田 友里子2年目

    東京医科歯科大学

    私は2年目も大学病院での研修を選択しました。大学病院ならではの屋根瓦式の指導体制の元、1年間で1つ1つ疾患について丁寧にアセスメントする力がつき、2年目ではより主体的に診療に従事できていると感じます。2年目の5ヶ月間は必修診療科のローテーションがありますが、残りの7ヶ月間は自由選択の期間となります。後期研修を意識した診療科を選択することで、将来必要となる基本的な知識や手技を残りの1年間でしっかり学びたいと思っています。

  • 近藤 茂2年目

    筑波大学

    システムの違いや救急外来対応など大変なこともありますが、大学とは違った刺激を得られることができ、充実した研修ができています。
    また、オリジナルのメンバーにも温かく迎え入れられて、皆で楽しく切磋琢磨しながら日々過ごしています。
    確かにcommon diseaseを見るという点においては市中病院での研修に分がありますが、大学では学問としての医学の深淵に触れることができ、自分の視野を広げる助けになると思います。

東京医科歯科大学での研修でどんなことを学びたいですか?

  • 大渕 裕子1年目

    東京医科大学

    まずは医師としての基本となる手技や業務、思考力を身につけたいです。毎週のイブニングセミナーや豊富なレクチャーを上手く活用したいです。さらに高度医療を提供する東京医科歯科大学で、優秀な先生方からたくさんのことを吸収したいです。

  • 烏木 提汗2年目

    山梨大学

    東京医科歯科大学は大学病院という特性上、稀な疾患や複雑な病態を持つ患者さんが多くいます。カンファレンスや学会発表などをする機会もあり、Academicな考え方を学びたいと考えています。

将来の夢について教えてください。

  • 岡 慎平1年目

    東京医科歯科大学

    私は今のところ膠原病・リウマチ内科に興味を持っています。多彩な症状を呈するため総合診療的な面白さがありますし、病態や検査・治療において未知の内容が非常に多く、研究を行う上でも可能性を秘めた分野だと考えるからです。医師として活躍していくには、必ずしも臨床が全てではないはずです。初期・後期研修の期間を通じて、将来どのような道を進めば人々に貢献できるのか、しっかり見極めたいと思っています。

  • 後藤 佳名子1年目

    山形大学

    よく医師は「病気を診る」のではなく「人を診る」のだと言われますが、実際に医療現場に入りその言葉を痛感しています。それぞれの患者さんに今までの人生・背景があり、ただ病気を治療するだけではなく、その後の患者さんの生活をいかに良くしていくかを考えなければいけないと思っています。忙しい中でも患者さんの話をしっかりと聞いて、その都度最善の治療やフォローをしていける医師になりたいです。

休日の過ごし方を教えて下さい。

  • 近藤 和樹1年目

    東京医科歯科大学

    自転車に乗って軽くサイクリングをしたり、海外ドラマを見たりしています。コロナ禍が明けたときには博物館や美術館などへ再び行きたいと思っています。

  • 烏木 提汗2年目

    山梨大学

    私はインドア派なので休日はNETFLIXを観たり家で過ごすことが多いです。今年はCOVID-19の流行もありアクティブな活動は難しい時期でしたが、東京医科歯科大学は都心に位置し、どのような趣味を持つ方でも充実した休日を過ごせる場所です。また御茶ノ水には楽器店が多く、音楽が趣味の方には特におすすめです。

医科歯科で研修を考えている学生へのメッセージを100文字程度でお願いします。

  • 岡 慎平1年目

    東京医科歯科大学

    医科歯科の最大の魅力は多様性です。他の大学に比べて歴史が長いわけではありませんが、その分学閥なんてものはなく、多くの国、多くの大学出身者、多くの職種が集まり、互いの良いところを取り入れる文化が根付いています。医科歯科に興味を持ち、この文章を読んで下さっているあなたなら、必ず活躍できる場があります! まずはぜひ見学にいらして下さい。

  • 柏良之輔2年目

    東京医科歯科大学

    環境も整っており、自分の興味のあることを自由に学ばせて頂ける場所だと思います。また初期研修2年目になると目標の定まった同期も多く、彼らの意欲も励みとなります。興味のある方、ぜひ一度いらっしゃって見学してみて下さい。

  • 加藤 愛理2年目

    東京慈恵会医科大学

    医科歯科の研修では、最先端の医療で、指導体制がしっかり整っている大学病院での研修と、common diseaseに対する対応、地域医療を学ぶことができる市中病院での研修両方経験できる点が魅力的だと思っています。
    現在2年目の市中病院で研修中ですが、1年目で積み上げてきた基本の考え方、経験が生きていると感じることが多く、のびのびと多彩な疾患や手技を経験できています。
    また、学会発表や論文執筆などアカデミック面でも充実した毎日を過ごしています。
    これは、優秀で教育熱心な先生方のもとで研修できる、医科歯科ならではのメリットだと感じています。

  • 細井 毬愛2年目

    富山大学

    将来の目標となるような指導医の先生方、意欲的で優秀な同期、先輩後輩に囲まれて刺激に溢れた研修生活を送ることが出来ます。たすきがけの研修により幅広い症例について学ぶことが出来る点も魅力的です。医師としてのスタートとなる大切な2年間を過ごす環境が整っていると思います。

特色ある研修紹介

島根県地域医療研修(3ヶ月)

国立保健医療科学院(2ヶ月)

  • 島根県地域医療研修(3ヶ月)
    H28プログラムⅡ

    芋野 充紘(いもの あつひろ)

    2年目

    東京医科歯科大学卒

  • 国立保健医療科学院(2ヶ月)
    H29プログラムⅡ

    和田 昇悟(わだ しょうご)

    2年目

    東京医科歯科大学卒

専門研修プログラムへ進んだ先生の声

2013年採用プログラム1 髙橋 純一 先生

  • 髙橋 純一先生

    消化器内科

    当院での研修プログラムは、医師としての基礎を身につける上でとても理想的な環境が整っております。難治疾患治療の「最後の砦」である大学病院で高度専門医療の現場を経験することで、困難な症例へ対峙する際に必要な思考プロセスを学ぶことができました。また、たすき掛けの協力病院ではcommon diseaseから稀な疾患までの幅広い疾患や多彩な手技を経験することができました。当院・協力病院共に指導医の先生から熱心な教育を頂き、同期と切磋琢磨しながらとても充実した2年間を過ごすことができました。「医師力」の盤石な土台を築きたい方、医科歯科で待ってます!

2013年採用プログラム1 土屋 淳 先生

  • 土屋 淳先生

    消化器内科

    当院の初期研修は、医師としての基礎を築く環境が整っています。大学ではカンファレンスがあり、特殊な疾患を深く考察してプレゼンする機会が多くある一方、関連病院では一般的な疾患を診る機会もあり、様々な疾患を経験できます。上級医が皆指導熱心な点も大きな特色であり、私自身も手厚い指導のもと多くの疾患を経験させていただいて、大きく成長できました。ぜひ当院で研修して、充実した2年間を過ごしてください。

2016年採用プログラム2 川田 大介 先生

  • 川田 大介先生

    膠原病・リウマチ内科

    当院での研修の魅力は、様々な環境で、教育熱心な指導医のもと、優秀な仲間とともに学べることだと思います。関連病院ではコモンな疾患を主体的に診療する経験を多く積み、大学病院ではより困難な症例も丁寧にアセスメントするトレーニングをし、また地域研修では総合的な力が試される経験ができました。指導医には臨床から医師としての姿勢、将来のアドバイスまで幅広くご指導いただきました。そして同期は常に刺激を与えてくれ、今でも心強い大切な存在です。研修先として恵まれた環境だと感じています。

2016年採用 周産期プログラム 桐野 玄先生

  • 桐野 玄先生

    小児科

    学生の頃から小児科医になると決めていたので、初期研修でも小児科を長く研修したいと思っていました。周産期プログラムはステップアップ研修があるので、迷うことなく小児科重点コースを選び、ステップアップ研修では、成育医療センターの救急科を選びました。大学はお互い学び合う姿勢が強く、この先輩医師についていけば間違いないと確信し、入局を決めました。後期研修医を終えて大学院へ入学したので、研究を通して医学を深く追究したいと思います。