総合診療専門研修・総合内科専門研修 - 国立大学法人 東京医科歯科大学 総合診療医学 総合診療科 研究について

総合診療専門研修・総合内科専門研修

当科のHospitalist( 病院総合医)養成プログラムには、総合診療専門研修プログラムと内科専門研修プログラム( 総合内科コース) の2つがあります。いずれも目指す姿は、総合病院から地域の中小病院まで幅広い環境で救急初療から内科急性期疾患全般をカバーでき、臨床研究やcase report などの研究マインドとスキルを持った、世界標準のAcademic Hospitalist です。
当プログラムは、研修指導実績の豊富な指導医陣による大学での手厚い指導、また市中病院での豊富な急性期commondisease の経験など、大学病院と市中病院のコラボレーションによる互いの得意分野を生かした素晴らしい研修内容になっています。また専門研修修了後には大学院や留学、各サブスペシャリティフェローシップコースなど多彩な選択肢が用意されており、専門研修から若手指導医として自立するまでを一つのパッケージとしたキャリアサポートが可能です。詳細についてはぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

総合診療専門研修プログラム

当科のテーマは” 大学、市中病院、そして診療所のコラボレーションによる研修・教育・研究” です。大学病院ならではの充実した教育環境と高度医療、市中病院や診療所ならではの豊富なcommon disease と教育的な指導を組み合わせた、病院総合医を目指す方、家庭医を目指す方のいずれも満足していただけるフレキシビリティを持ったプログラムになっています。内科とのダブルボードプログラム、さらに大学院進学を含め、東京医科歯科大学の優れた教育・研修資源をふんだんに活用していただけます。

連携施設の例

総合診療専門研修Ⅰ

  • 都市型研修施設
    梶原診療所、多摩ファミリークリニック、武蔵野国分寺公園クリニック
  • 地方型研修施設
    伊勢原駅前クリニック、奥多摩病院(東京都)、佐久総合病院小海分院・診療所(長野県)、志摩市民病院(三重県)、あおぞら診療所、信愛クリニック

総合診療専門研修Ⅱ

  • 都市型研修施設
    東京医科歯科大学総合診療科、武蔵野赤十字病院、東京北医療センター、台東区立台東病院、練馬光が丘病院
  • 地方型研修施設
    多摩北部医療センター(東京都)、常陸大宮済生会病院(茨城県)、飯塚病院(福岡県)、亀田総合病院(千葉県)、佐久総合病院(長野県)、市立伊勢総合病院(三重県)、奥多摩病院(東京都)、ひたちなか総合病院(茨城県)、石岡第一病院(茨城県)

内科研修

  • 都市型研修施設
    東京医科歯科大学・内科(診療科は専攻医が選択)、武蔵野赤十字病院、練馬光が丘病院、東京ベイ・浦安市川センター
  • 地方型研修施設
    多摩北部医療センター(東京都)、常陸大宮済生会病院(茨城県)、飯塚病院(福岡県)、市立伊勢総合病院(三重県)、北信総合病院(長野県)、石岡第一病院(茨城県)

小児科研修

  • 東京ベイ・浦安市川医療センター、飯塚病院、亀田総合病院、練馬光が丘病院、多摩北部医療センター、常陸大宮済生会病院、石岡第一病院

救急科研修

  • 東京医科歯科大学救命救急センター、飯塚病院、亀田総合病院、練馬光が丘病院

3年間のローテート研修

  • ローテート例①

  • ローテート例②

**日本プライマリ・ケア連合学会認定の家庭医療後期研修プログラム、及び新・家庭医療専門医プログラムにも登録可能です。

総合診療専門研修プログラムについての問い合わせはこちら

東京医科歯科大学総合診療科 (秘書) secretary2.fmed@tmd.ac.jp

内科専門研修プログラム・総合内科コース

当科は東京医科歯科大学内科専門研修プログラムの一員として、総合内科コースを担当しています。特定の専門科研修に偏らない幅広く質の高い内科系研修を行い、内科医としての一生のベースとなる基礎体力を身に着けます。内科専門医取得後は、高い臨床力に裏打ちされた教育者を目指すべく、総合内科フェローシップ・医学教育フェローシップや、感染症フェローシップなどのサブスペシャリティトレーニング等の進路があります。また後期研修中から大学院への進学も可能です。

内科専門研修プログラム

3年間のローテート研修例

  • ローテート例①

  • ローテート例②

里子プログラムについて

当科に入局した上で他院の基幹プログラムに所属する方も歓迎いたします。東京医科歯科大学総合診療科の一員として、後期研修修了後を見据えた大学院進学・留学・大学での卒前卒後教育への関わりなど、キャリアプラン構築について全面的にサポートをいたします。

内科専門研修プログラム・総合内科コースについての問い合わせはこちら

東京医科歯科大学総合診療科 (秘書) secretary2.fmed@tmd.ac.jp

大学院の紹介

もともと総合診療の分野は他の専門科と比較して研究が弱い分野といわれてきました。しかし当科の大学院では、AI を用いた医療面接、教育効果の妥当性、往診での課題と行動変容など、総合診療ならではの臨床現場に直結した臨床研究を数多く行っています。科研費を始めとした数々の研究費獲得実績もあり、エビデンスを世界に発信することを目指しています。総合診療の研究は豊富な臨床経験があってこそ、魅力的なリサーチクエスチョンを生み出すことができます。そして当科には臨床での疑問を実行可能なリサーチクエスチョンに落とし込むためのノウハウと、指導経験豊富な教員がそろっています。総合診療の臨床研究では研究歴よりも臨床歴のほうが重要ですので、全く研究をしたことがない方も大歓迎です。また大学院生として研究に専念することも、社会人大学院生として後期研修や東京医科歯科大学を含む病院で勤務をしながら研究に取り組むことも可能です。ケースレポートからトップジャーナルを目指した臨床研究まで、AcademicGeneralist としての総合診療医を目指しませんか。

入局希望の先生を随時募集しています

当科は入局してくださる先生を随時募集しております。初期研修・後期研修の先生方に限らず、大学院入学希望者の先生方、後期研修修了後の先生方など、幅広い人材を求めています。

初期研修医の先生方

東京医科歯科大学附属病院の初期研修では、当科のローテート研修が可能です。また他院の初期研修プログラム所属中でも、後期研修を見据えて初期1 年目から入局可能です。科を挙げて初期研修後のキャリアの相談・サポートをいたします。

後期研修医の先生方

総合診療専門プログラム、総合内科プログラムの2 つの後期研修プログラムがございます。魅力的な関連病院がそろっています。

大学院入学希望の先生方

当科のテーマは” 大学と市中病院のコラボレーションによる研修・教育・研究” です。そのため大学院生としての4 年間のストレートコースはもちろん、働きながらの社会人大学院生も受け入れています。後期研修とリンクした大学院入学も可能です。

後期研修修了後の先生方

当科のスタッフとして勤務していただける方を募集いたします。幅広い内科急性期疾患、診断困難症例、外科系疾患の術前・術後の全身管理など、多くの症例を経験できます。当科は卒前・卒後教育を非常に重視していますので、教育に対する熱意を持った先生方を求めています。

入局についてのご質問はこちら

東京医科歯科大学総合診療科 (医局秘書)secretary2.fmed@tmd.ac.jp