診療科・センター・部門

食道外科外来担当表はこちら

科長のご紹介

食道の病気に関して最新で精度の高い診断・治療を
患者さんが安心して受けられるように努力しています

科長 徳永 正則 -Masanori Tokunaga-
専門医 日本外科学会 専門医・指導医
日本消化器外科学会 専門医・指導医
日本内視鏡外科学会 技術認定医
日本消化器病学会 専門医
専門分野 上部消化管の外科治療、ロボット手術
電話番号 03-5803-5254
専用ホームページ http://www.tmd.ac.jp/srg1/es/

食道疾患の診療には高度の専門性とチームワークが求められます。特に食道癌に対しては、高度で精密な診断技術とともに、内視鏡治療、外科手術、放射線治療、抗癌剤化学療法など、様々な治療法の中から、それぞれの患者さんにとって最適のものを選択し、あるいは組み合わせ、確実に遂行することが重要で、当科はその全てに 豊富な経験を有しています。また、がんの包括的・総合的診療の観点から、近年特に重視されている栄養サポートチーム(NST)および緩和ケアチームにも発足時から参加し、患者さんの全人的ケアを心がけています。

診療科の概要

食道外科は、食道の病気の全ての診断と治療を行う部門です。内科、放射線診断科、放射線治療科などとの連携をはじめ、頭頸部外科や口腔外科などと協力し、咽喉頭・口腔領域癌の早期診断・治療にも積極的に取り組んでいます。また一般外科領域である腹壁ヘルニアおよび鼠径ヘルニアも専門的に治療しています。

取り扱うおもな疾患

食道癌、逆流性食道炎(食道裂孔ヘルニア)、バレット食道、食道アカラシア、食道良性腫瘍、早期の咽喉頭・口腔内癌、鼠径ヘルニア、腹壁ヘルニア

おもな診断・治療法

画像強調内視鏡(FICE、BLI、NBI)・拡大内視鏡、胸腔鏡下食道切除術、腹腔鏡下胃食道逆流防止手術、腹腔鏡下アカラシア修復術、内視鏡治療(EMR、ESD、APC)、単孔式腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術など、食道疾患の先進的な診断と治療をはじめ、一般外科領域の最新治療も行っています。

高度な先進医療

食道癌の内視鏡的切除術(EMR、ESD)や胸腔鏡下切除術をそれぞれ1980年代、1990年代に開 始した経験を活かし、最近では咽喉頭・口腔領域癌の早期診断や積極的な喉頭温存治療やロボット支援下手術,縦隔鏡手術などの低侵襲治療を行っています。また高度進行癌に対して積極的な集学的治療を行っています。

診療科における研究テーマ

食道癌の新低侵襲治療法(内視鏡的、胸腔鏡的・腹腔鏡的、ロボット支援下、縦隔鏡下)、診断・治療関連機器の開発、経鼻内視鏡を用いた早期の食道癌、咽喉頭・口腔内癌の診断法開発、癌領域発生(field cancerization)の分子生物学的解明と診断マーカー分子、治療標的分子、QOLを重視した食道癌周術期管理法の開発研究、高度進行食道癌に対する手術を中心とした積極的集学的治療法の開発研究など。

その他

医学部附属病院に所属する診療科として最新・最良の医療を提供することはもちろん、学生教育、医学研究にも大きな役割を担っています。更に、大学病院における食道癌診療のノウハウを多くの第一線医師へ提供するために、診療マニュアルの編集に取り組んでいます。

食道外科・胃外科の行っている、胃がん、食道がんなどに対するロボット支援下(ダビンチ)手術についての説明動画