診療科・センター・部門

再建形成外科外来担当表はこちら

科長のご紹介

マイクロサージャリーの技術を駆使して、
頭頸部をはじめとした身体各部位の機能と形態の再建を目指します。

科長 田中 顕太郎 -Kentaro Tanaka-
専門医 日本形成外科学会専門医、指導医
日本形成外科学会皮膚腫瘍外科分野指導医
日本形成外科学会再建マイクロサージャリー分野指導医
日本創傷外科学会専門医
専門分野 再建外科
マイクロサージャリー
創傷治癒
皮膚悪性腫瘍
研究領域 組織移植
専門外来 頭頸部再建外来
電話番号 03-5803-5924
専用ホームページ http://www.tmd.ac.jp/med/plas/

同じ疾患や病態であっても適切な治療は患者様それぞれで異なります。十分にお話を聞きながら、それぞれの方に最適な治療方法を選択していきます。当科にはあらゆる治療法に対応できる高い技術があります。

診療科の概要

形成外科という診療科は対象とする疾患や部位、治療法が多岐にわたります。なかでも癌の切除などによって失われた身体の組織を修復し機能と整容性を取り戻す治療を再建手術と言います。当院で特に多く行われる頭頸部領域の再建手術を専門に行う診療科として、形成・美容外科から独立しました。
当科はマイクロサージャリー(顕微鏡下に細い血管や神経をつなぐ技術)を用いる組織移植手術を日常的に多く行う高い技術を持っています。頭頸部を中心に、治療が困難な再建手術を必要とする患者様の治療に積極的に取り組んでいきます。

取り扱うおもな疾患

  • 頭頸部頭蓋底再建手術
  • 術後顔貌変形に対する二次修正手術
  • 顔面神経麻痺に対する集学的治療
  • 頭頸部領域の皮膚悪性腫瘍
  • その他各種再建手術

おもな診断・治療法

  • マイクロサージャリーを用いた組織移植手術
  • ICG蛍光造影法を用いた移植組織の血流評価
  • 筋電図、各種画像評価を用いた術後機能評価

高度な先進医療

  • 頭蓋底手術、頭頸部腫瘍切除後欠損の再建、および残存変形・機能障害に対する再建術・修正術(皮膚、脂肪、筋肉、骨、軟骨の複合移植)
  • 顔面神経麻痺に対する動的・静的再建手術、薬剤を組み合わせた集学的治療

診療科における研究テーマ

  • 頭頸部腫瘍切除後における、機能と形状を重視した再建法の開発
  • 移植組織の術後形態変化、術後機能変化
  • 神経移植手術後の神経再生メカニズムの解明
  • 顔面神経⿇痺に対する機能性と審美性を重視した再建法の開発