診療科・センター・部門

形成・美容外科外来担当表はこちら

科長のご紹介

先天性、後天性のさまざまな形態異常、機能障害に対し、
「創造する外科」で美しく治します

科長 森 弘樹 -Hiroki Mori-
専門医 日本形成外科学会認定 形成外科専門医
専門分野 乳房再建
顎顔面外科
マイクロサージャリー
皮膚悪性腫瘍
研究領域 末梢神経再生/脂肪移植
専門外来 乳房再建外来
顔面変形外来
唇顎口蓋裂外来
手の外科外来
リンパ浮腫外来
レーザー( あざ・しみ・血管腫)
頭頸部再建外来
女性化乳房外来
耳介変形外来
顔面神経麻痺外来
難治性潰瘍・褥瘡外来
ボトックス外来
電話番号 03-5803-5924
専用ホームページ http://www.tmd.ac.jp/med/plas/

形成・美容外科は、形態・機能の外科的形成・再建を担当する診療科です。顔面・頭頸部、手足、乳房など、人目につく部位や美しさを求められる部位を扱うことが多いため、外見にも配慮した繊細な手術を行います。

診療科の概要

先天性、後天性のさまざまな形体異常・機能障害に対し、整容面を配慮した治療を行っています。具体的には顔面・手足・体幹などの外傷・先天異常の再建、頭頸部がん・乳がんなど、がん切除後の形態・機能の再建、眼瞼下垂・顔面神経麻痺などの形成術を行います。また創傷治癒の専門家として、治りにくい創傷の治療や傷跡・瘢痕の管理・修正術も行います。

取り扱うおもな疾患

頭頸部がん切除後欠損及び再建後の残存変形・機能障害( 顔面神経麻痺を含む)、顔面・手足の先 天異常及び外傷( 眼瞼下垂、眼瞼痙攣を含む)、乳がん切除後の乳房欠損・変形、女性化乳房、糖尿病性潰瘍、褥瘡、その他の難治性潰瘍、リンパ浮腫

おもな診断・治療法

マイクロサージャリーを用いた自家遊離組織移植術、微小血管・神経吻合術、顔面骨・手指骨に 対する骨切り・骨延長、あざやシミに対するレーザー治療(Q-switch-Ruby、V-beam、Gentle LASE ) 、CT、MRI、ICG 造影法などの画像検査、筋電図などの生理検査

高度な先進医療

  • 整容的乳房再建( 穿通枝皮弁、人工乳房、脂肪移植などの選択枝)
  • 頭蓋底手術、頭頸部腫瘍摘出後欠損の再建及び残存変形・機能障害に対する修正・再建 ( 皮膚、 脂肪、筋肉、骨、軟骨の複合移植)
  • 切断指趾に対する再接着術
  • 顔面神経麻痺( 不全麻痺を含む) に対する動的・静的再建、薬剤を組み合わせた形成術
  • 糖尿病性足壊疽に対する集学的治療法を用いた患肢温存療法

診療科における研究テーマ

ICG蛍光測定法を用いた移植組織血流やリンパ流の評価、顔面神経麻痺、顔面・頭頸部がん切除後 の機能と整容を重視した再建法の開発、3Dカメラ・各種画像診断を用いた術前術後形態評価

その他

同じ診断名をもつ患者さんでも、機能・形態異常の状態、程度や原因は異なり、たとえ同じ病態であっても、患者さんにより希望する治療は異なります。当科では、患者さんと話し合いながら、希望に沿っ た質の高い医療を提供するように心掛けています。