診療科・センター・部門

緩和ケア科外来担当表はこちら

科長のご紹介

がん患者さんや非がん疾患の患者さんの
全人的な苦痛(身体、精神、心理社会的)に向き合います

科長 三宅 智 -Satoshi Miyake-
専門医 日本緩和医療学会 暫定指導医
専門分野 緩和医療学
研究領域 臨床腫瘍学
臨床倫理学
電話番号 03-5803-4886
専用ホームページ https://www.tmd.ac.jp/med/canc/kanwa/index.html

緩和ケアというとまだ終末期というイメージを持たれている患者さんも多いと思います。実際には医療者でもその ようなイメージを持っている人が多いのが現実です。総合がん・緩和ケア科では、治療中のがん患者さんや非がん疾患の患者さんの身体的、精神的な苦痛にも向き合っています。

診療科の概要

緩和ケア病棟、緩和ケアチーム、緩和ケア外来それぞれの部門で包括的な診療体制を構築しています。緩和ケア病棟は2017年4月にB棟15階に開設し、現時点では院内で診断・治療を受けた患者さんを対象として診療しています。病棟や外来で他科と併診・連携して診療を行っています。

おもな診断・治療法

診療科の特徴として、他の診療科・部門との併診で診療を行っています。診断・治療については特別な手技や装置はありませんが、コミュニケーションを重視し、患者さん・ご家族も医療チームの一員と考えて診察を行っています。

高度な先進医療

一般的な意味での高度な先進技術はありませんが、専門的な緩和ケアを包括的視点から提供しています。また、当科では心理学的、倫理学的な立場に立脚した医療者・患者関係の構築を目指しています。

取り扱うおもな病態

緩和ケアチーム、緩和ケア外来では、様々な段階(病期)の悪性疾患の患者さんがおもな対象です。このほかにも、難治性疼痛、先天性免疫不全など患者さんのニーズと病態に応じた対応を心がけています。
緩和ケア病棟では、悪性腫瘍の方がおもな対象です。詳細は当院緩和ケア病棟のホームページをご参照ください。

診療科における研究テーマ

東アジア圏域の緩和ケア病棟における医療とケアの質の評価、遺族による緩和ケアの質に関する全国研究、緩和医療・専門キャリア支援に関する研究、卒前教育における緩和ケア臨床実習の役割に関する研究など。

取り組み

基本的には主科との連携を重視し、患者さん・ご家族の負担にならないように併診しています。また、必要に応じて緩和ケア認定看護師と医師が同時に対応しています。

その他

昨年度より、総合がん・緩和ケア科が、がんゲノム診療科と緩和ケア科の2つの科にそれぞれ独立し、専門的な診療体制を提供しています。