診療科・センター・部門

がんゲノム診療科外来担当表はこちら

科長のご紹介

がんが進行したり、標準的な治療がなくなりそうながん患者さんの
ゲノム変異を調べ、治療薬の候補を探します

科長 池田 貞勝 -Sadakatsu Ikeda-
専門医 アメリカ一般内科専門医
アメリカ腫瘍内科専門医
アメリカ血液内科専門医
専門分野 腫瘍内科
がんゲノム医療
研究領域 プレシジョンメディシン
専用ホームページ http://www.tmd.ac.jp/med/canc/genome/

最先端の研究を含めた、最善の治療を患者さんにお届けしたいと考えています。

診療科の概要

がんゲノム診療科は、腫瘍センター内に設置された診療科です。おもに他の科(主科)からの紹介を受け、がん患者さんのゲノム変異を調べ、それに基づいた治療法を提示する「がんゲノム医療」を行っています。

おもな診断・治療法

患者さんの検体を使って、がん遺伝子パネル検査という検査を行います。検体には、手術の際などにとられた組織を使用する方法と、採血による血液を使用する方法があります。遺伝子変異が見つかった場合には、治療薬の候補を探します。治療薬の候補が見つかった場合には、治験などを利用して患者さんに投薬する手段を探します。

高度な先進医療

がん遺伝子パネル検査は、2018年度から一部が国の先進医療に指定される高度な先進技術です。
当科では、臨床的に保障された、質の高いがん遺伝子パネル検査を使用しています。

取り扱うおもな疾患

臓器に関わらず、標準的な治療方法がない、またはなくなりそうな固形がんの患者さんが対象です。

診療科における研究テーマ

がん遺伝子パネル検査の臨床的有用性、がん遺伝子パネル検査同士の比較、遺伝子変異毎の治療薬の効果、治験情報の効率よい検索方法の確立、医療従事者向け教育など

取り組み

基本的には主科との連携を重視し、患者さんに新しい治療法を提示できることを目指して外来診療を行っています。

がん遺伝子パネル検査を希望される場合

当院の患者さんは主治医にがん遺伝子パネル検査を検討している旨をお伝えください。
検査の対象者には、検査説明担当者が主治医からの連絡を受けた後、検査についての詳細な説明をいたします。
最終的に検査を受けるかどうかについては、説明後にご検討いただけます。

がん遺伝子パネル検査 問い合わせ先

東京医科歯科大学医学部附属病院 がんゲノム診療科

Email:genome.canc@tmd.ac.jp

HP:http://www.tmd.ac.jp/med/canc/genome/