後期研修プログラム プログラム詳細

臨床研修

病棟研修

Attending physician(教員またはそれに準ずるスタッフ)の指導の下に、膠原病による病棟入院患者の初期評価・入院適応・鑑別診断・診断的検査プラン樹立 ・治療方針決定・入院中の継続ケアを行い、様々な膠原病の臨床・評価方法・治療について学びます。 それとともに内科または全科ローテートの研修医に対する一般内科医として必要な膠原病の知識・ 評価方法などの教育及び病棟患者一般のマネージメントについての実践的教育を行い、教育技術を身につけるとともに更なる知識の洗練を行います。

外来研修

外来診療は膠原病臨床において大きな役割を果たすものであり、 その研修は膠原病・リウマチ専門医養成において極めて重要であり必要不可欠です。 また病棟での急性期診療とともに外来での継続的診療を通して学習することにより、 膠原病診療を様々な角度から複合的に理解することができます。 後期研修医は教官の指導のもと、 新患症例などの評価とその後の継続診療、そして自身が病棟診療で経験した症例の退院後 の継続診療を通して学習します。

コンサルテーション研修

他科患者の膠原病関連臨床問題の評価・継続ケアを通して、 知識の習得とともに依頼医師・チームとのProfessional communication及び教育の技術を習得する貴重な機会として、 院内膠原病・リウマチ内科コンサルテーションを担当します。教員をPreceptorとしてペアを組み、院内コンサルテーション症例の評価・鑑別診断・考察・コンサルト依頼医に対するFeedbackに関する研修を行います 。

病棟研修

東京医科歯科大学医学部附属病院膠原病・リウマチ内科病棟への配置であり、 病棟ではAttnding physician(教員またはそれに準ずるスタッフ)・ 初期研修医・医学部学生とで診療チームを構成(下図)し、 Attnding physicianの指導のもとに当科入院患者および他科併診患者の診断的評価および治療を直接行い、 同時に初期研修医および医学部学生の教育・指導を行 います。また当科では、 後期研修医自身の学習および彼らによる臨床研修医や学生への指導/教育の支援を目的として、 シニア後期研修医によりなる「チーフ」 を設置しています。

当科病棟における診療チーム構成

Attending physician(教官またはそれに準ずるスタッフ)の指導のもと、 膠原病による病棟入院患者の初期評価・入院適応・鑑別診断・診断的検査プラン樹立・治療方針決定・入院中の継続ケアを行い、 様々な膠原病の臨床・評価方法・治療について学びます。それは当科が、 大学病院の中でも全国で有数の大規模な膠原病診療機関であるという極めて ユニークな環境を提供することにより可能となります。病棟では次に列挙するような多岐に渡る膠原病および類縁疾患の診療に携わることができます。 また不明熱の原因精査入院も多数あり、上記疾患に加えて不明熱の鑑別に挙げられる悪性腫瘍や感染症も広く診る機会が得られます。

関節リウマチ 顕微鏡的多発血管炎
全身性エリテマトーデス ベーチェット病
多発性筋炎・皮膚筋炎 成人発症スティル病
全身性硬化症 強直性脊椎炎
シェーグレン症候群 サルコイドーシス
抗リン脂質抗体症候群 再発性多発軟骨炎
高安病 痛風
巨細胞性動脈炎 キャッスルマン症候群
リウマチ性多発筋痛症 膠原病に合併する血球貪食症候群
結節性多発動脈炎 膠原病に合併する間質性肺炎
多発血管炎性肉芽腫症(GPA) 免疫抑制療法に合併する各種日和見感染症
好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(EGPA)  

それとともに、内科または全科ローテートの研修医に対する一般内科医として必要な膠原病の知識・ 評価方法などの教育及び病棟患者一般のマネージメントについての実践的教育を行い、 教育技術を身につけるとともに更なる知識の洗練を行います。


また当科では、別途記載する医師主導型臨床試験を行っているほか、 製薬会社主導による様々な先端治療法を用いた臨床治験にも積極的に参加しており、 それら治療法の臨床における深い知見・経験を積むことができます。

ページトップへ戻る