本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 研究所案内  > 大学院生募集案内

研究所案内

大学院生募集案内

Medical Research Institute Tokyo Medical and Dental University

難治疾患に挑んでみませんか?

難治疾患研究所は、難治疾患の新規治療法および予防法確立のために日々たゆまない努力を続け、その努力の成果は多数の研究成果として世界に向けて発表されています。
本研究所は、世界で活躍する人材を育てることを目指し、大学院生や大学院研究生を積極的に受入れています。
世界最先端で活躍する研究者と一緒に難治疾患に挑んでみませんか?

本学大学院医歯学総合研究科では医歯学に限らず様々なバックグランドの学生を受け入れるために修士課程医歯理工保健学専攻(2年間)から博士課程医歯学専攻(4年間)もしくは生命理工医療科学専攻(3年間)を継続的に履修する体制が整っています。


4年制の学部を卒業あるいは卒業見込みの者(または同等以上の学力があると認められた者)が対象となります。
修士課程医歯理工保健学専攻では、出願に先立ち必ず専攻分野の指導教員と面談し、内諾を得たうえで入学試験を受験できます。合格すれば希望分野で研究を行います。(第1志望入学に添えない場合、第2志望入学を認めることがある)年限内に修士論文を提出し、学位は修士(医科学・歯科学・口腔保健学・理学・工学・保健学)を取得することが可能です。


医学部・歯学部・獣医学部(6年制)・薬学部(6年制)の学部卒業生、卒業見込みの者、修士課程修了者、修了見込みの者(または同等以上の学力があると認められた者)が対象となります。年限内に博士の学位論文を提出し、博士(医学・歯学・数理医科学・学術)の学位を取得することが可能です。


修士の学位を有する者又は取得見込の者(または同等以上の学力あると認められた者)が対象となります。
年限内に博士の学位論文を提出し、博士(理学・工学・保健学)を取得することが可能です。
生命理工医療科学専攻の特色はこちらをご覧下さい。


http://www.tmd.ac.jp/sbsn/



本研究所では、特定の研究に参加を希望する者のために大学院研究生制度を設けています。
外国人留学生や他の研究機関の職員、企業の社員も対象になります。指導教員との口頭試問等により学力考査を行い、指導教員が所属する研究科の研究科運営委員会の承認を経て、学長により入学を許可され、研究期間は研究歴として認められます。