東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 医療経済学分野
川渕孝一研究室
医歯学総合研究棟(M&Dタワー) 6階南側
 
 


川渕孝一研究室

〒113-8549
東京都文京区湯島1-5-45
医歯学総合研究棟(Ⅱ期棟) 6階
TEL 03-5803-5931


メールでのお問い合わせ
医療経済学研究室 

 研究業績(年報)
準備中  2013年度 2012年度   2011年度  2010年度  2009年度
       
 
 2008年度  2007年度  2006年度  2005年度  2000年~2004年度
 
 





 
年報2013年 医療経済学分野
--- Health Care Economics ---

教授
川渕孝一
助教
五十嵐公
大学院生
James Tumaini Kengia,青田薫枝,渡辺さだお,Mohammad Touhidul Islam(~9月),関真一(~3月),井上裕智(~3月),安野朝子(~3月)

 
(1)教育
  医療界で起こっている現象や事実を経済的視点からいかに分析するか、理論的アプローチと実証的アプローチについて学習する。

(2)研究
本分野では以下のようなテーマを対象として研究している。

1.
生活習慣病予防事業が医療費に及ぼす効果の検討
2.
非市場型サービス産業(医療)のアウトプット計測に関する研究
3.
大規模個票データを使った医療統計分析手法に関する研究
4.
「小児腫瘍などに関する陽子線治療の費用対効果」に関する研究
5.
OTC医薬品の活用の医療費・社会への貢献度に関する研究

(3)研究業績
[原著]
1. Kazumitsu Nawata, Koichi Kawabuchi: An Analysis of the New Japanese Payment System for Cataract Operations. Public Health Frontier, 1(1), 1-6, 2012.
2. Xuanxiu Liu: The efficiency of healthcare facilities providing PET cancer screening in Japan. Japanese Journal of Radiology, 30(3), 198-205, 2012.
3. Mohammad Touhidul Islam, Isao Igarashi, Koichi Kawabuchi: The impact of Gonoshasthaya Kendra’s Micro Health Insurance plan on antenatal care among poor women in rural Bangladesh. BioScience Trends, 6(4), 165-175, 2012..
4. Akiko Kondo, Koichi Kawabuchi: Evaluation of the introduction of a diagnosis procedure combination system for patient outcome and hospitalisation charges for patients with hip fracture or lung cancer in Japan. Health Policy, 107(2-3), 184-193, 2012.
5. 縄田和満,川渕孝一:べき乗変換モデルの不均一分散下での推定について―糖尿病の在院日数の分析への応用―.日本統計学会誌,41(2)319-3352012
6. 関真一:国民から見た歯科医師数に関する一考察.日本歯科医療管理学会雑誌,47(1)89-1012012

[著書]
1. 川渕孝一,青木正人(監修),ヘルスケア総合政策研究所(企画・制作):介護経営白書2012年度版  "介護維新"現場からの介護人材教育改革.日本医療企画,東京,2012. 
 
[総説]  
 
1. Koichi Kawabuchi: The issues and future of the healthcare delivery system in Japan. Japan Hospitals, 31: 39-43, 2012.
2. 川渕孝一:新規抗癌薬と保険医療財政─非小細胞肺癌に対して初回化学療法後に行われるペメトレキセドの維持療法に関する薬剤経済分析からの知見.お茶の水醫學雑誌,60(4)267-2742012
3. 川渕孝一:社会保障と税の一体改革 これからの医療経営 社会保障と税の一体改革 これからの医療保障と病院経営,日本医療・病院管理学会誌,49(4)2392012
4. 川渕孝一:医療経済学から見たリスクマネジメント 求められる医療の質と効率化の同時達成,大阪府済生会中津病院年報,3月号222号,179-1832012

[学会発表]
 
1. Kengia James Tumaini: Health sector reforms, Inequities and factors differentiating maternal health care services utilization in Tanzania: Analysis of trend and policy implication. 医療経済学会第7回研究大会,一般演題A-12012721日,横浜.
2. 川渕孝一,伊藤由希子:ACG の汎用性に関する研究.第50回日本医療・病院管理学会学術総会,B1-1-220121018日,東京.(日本医療・病院管理学会誌)49(Suppl.)862012
3. 伊藤由希子,川渕孝一:特定健診・特定保健指導による医療費への影響(2008-2011年パネルデータによる検証).第50回日本医療・病院管理学会学術総会,B1-1-320121018日,東京.(日本医療・病院管理学会誌)49(Suppl.)872012

[研究助成金]
 
1. 平成23年度厚生労働科学研究費補助金(がん臨床研究事業)「粒子線治療の有効性、適応、費用対効果に関する総合的研究」:課題番号H21-がん臨床-一般-008,研究代表者 鎌田 正(放射線医学総合研究所),分担研究者 川渕孝一
2. 平成24年度厚生労働科学研究費補助金(循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業)「生活習慣病予防活動・疾病管理による健康指標に及ぼす効果と医療費適正化効果に関する研究」:課題番号H22-循環器等(生習)-一般-004,研究代表者 津下一代(あいち健康の森健康科学総合センター),分担研究者 川渕孝一,伊藤由希子.
3. 日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(B)「大規模医療データの計量分析及び政策評価に関する研究」:課題番号 24330067,研究代表者 縄田和満(東京大学大学院工学系研究科),研究分担者 川渕孝一.
4. 日本学術振興会科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究「支払意思と財源規模を整合させる公的保険の収載基準の理論構築に関する研究」:課題番号23659258,研究代表者 田倉智之(大阪大学医学系研究科),研究分担者 杉原茂.
5. 日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(A)「非市場型サービスの質の評価と生産性の計測」:課題番号23243044,研究代表者 廣松毅(情報セキュリティ大学院大学),研究分担者 杉原茂.

[基調・特別・時局講演]
1. 民主党政権下における医療改革とこれからの病院経営~求められる医療の「見える化」,山形県自治体病院講演会,山形,2010.1.26
2. 川渕孝一:医療経済から見た循環器科マネジメント,第74回日本循環器学会総会・学術総会 ファイアサイドセミナー6(テルモ株式会社共催セミナー),京都,2010.3.5
3. 川渕孝一:医療経済学から見た生活習慣病対策~日本人の健康意識・行動変容をいかに促すか?,第21回皮膚科糖尿病循環障害研究会、大阪,2010.4.22
4. 川渕孝一:政権交代下における医療経営,第50回兵庫県核医学研究会,兵庫,2010.4.24
5. 川渕孝一:医療政策の動向と保険薬局~明日の薬局経営の戦略構築のために~,第5回日本薬局管理学研究会年会時局講演,東京,2010.6.27
6. 川渕孝一:歯科再生のストラテジー,第51回日本歯科医療管理学会総会,岩手,2010.7.10
7. 川渕孝一:定期接種化の費用対効果と財源,「VPDを知って、子供を守ろうの会」 第4回プレスセミナー,東京,2010.7.13
8. 川渕孝一:医療は成長産業となりうるか?~システム改革に向けての論点整理,京都大学経営管理大学院2010年後期シンポジウム,大阪,2010.9.11
9. 川渕孝一:医療制度改革とこれからの病院マネジメント,日本医療マネジメント学会第10回北海道支部学術集会,北海道,2010.10.2
10. 川渕孝一:少子・高齢社会における「日本モデル」~医療・介護は成長産業となりうるか?,第67回全国老人福祉設大会第2分科会,北海道,2010.10.21
11. 川渕孝一:病院における「お金のマネジメント」~今、何故、管理会計なのか?,国立大学病院管理会計システム(HOMAS)研究会 (東大病院),東京,2010.11.8
12. 川渕孝一:医療経済学からみたわが国のワクチン政策の現状と課題~求められる安定財源の確保,第14回日本ワクチン学会学術集会教育セミナー4,東京,2010.12.11
13. 川渕孝一:医療の質インディケータについて,中部医療の質管理研究会,岐阜,2010.12.12

[シンポジウム・パネルディスカッション]
1. 川渕孝一:医療は成長産業となりうるか?~国際的視野に立つ医療システム改革へのチャレンジ、京都大学経営管理大学院シンポジウム、東京、2010.7.9
2. 川渕孝一:医療は成長産業となりうるか?~システム改革に向けての論点整理,京都大学経営管理大学院2010年後期シンポジウム,大阪,2010.9.11
3. 川渕孝一:2010年診療報酬改定シンポジウム,2010.12.13.東京
4. 川渕孝一:医療経済界から見た歯科界の現状と課題,日本学術会議公開シンポジウム,2010.12.17
[研究助成金]
1. 平成 22 年度厚生労働科学研究費補助金(がん臨床研究事業)「粒子線治療の費用対効果分析」:課題番号19-6,研究代表者 鎌田 正(放射線医学総合研究所重粒子医科科学センター病院).
2. 平成22年度厚生労働科学研究費補助金(循環器疾患等生活習慣病対策総合研究事業)「地域・職域における生活習慣病予防活動・疾病管理による医療費適正化効果に関する研究」:課題番号 H-19循環器等(生習)一般-019,研究代表者 津下一代(あいち健康の森健康科学総合センター).
3. 日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(A)「大規模個票データを使った医療情報分析・政策評価の研究」:課題番号 20243016,研究代表者 縄田和満(東京大学大学院工学系研究科).
4. 平成22年度厚生労働科学研究費補助金(厚生労働科学特別研究事業)「救急患者の搬送・受入実態と救急医療体制の評価に関する研究」:課題番号H21-特別-指定-007,研究代表者 横田裕行(日本医科大学大学院)
5. 平成21年度8020公募研究事業「摂食・嚥下における歯科・医科連携と医療費に関する研究」,財団法人8020推進財団
6. エルゼビア・ジャパン株式会社からの受託研究:バイタルサインデータによる疾患管理と再入院率予測

[商業論文]
1. 川渕孝一:我が国のがん医療と重粒子線治療の未来―放医研に期待するもの―、INNERVISION, 1月号,70-71,2010
2. 川渕孝一:後期高齢者を取り巻く医療、介護保険制度の現状と問題点、治療, 1月号,vol.92,10-15,2010
3. 川渕孝一:待ったなしのワクチン政策(上) 、社会保険旬報,1.21 No.2412,1-7,2010
4. 川渕孝一:待ったなしのワクチン政策(下) 、社会保険旬報,2.11 No.2414,20-27,2010
5. 川渕孝一:医療はどう変わるのか(1)―医療制度の遍歴と展望―、ORTHO-VIEWS,No.8,5,2010
6. 川渕孝一:第1回IT化のイメージと実際,月刊新医療、2月号No.422,74-82,2010
7. 川渕孝一:たばこ税こそ公的医療保険の新たな財源に!、週刊社会保障,2月号Vol.64 No.2565 ,28-29,2010
8. 川渕孝一:待ったなしのワクチン政策―パート4、BIZMO,2月号,35,2010
9. 川渕孝一:待ったなしのワクチン政策―パート5、BIZMO,3月号,35,2010
10. 川渕孝一:私のVisionと経営戦略,Visionと戦略、4月号,1-4,2010
11. 川渕孝一:「見える化」への理解と期待、月刊新医療,4月号 No.424,116-123,2010
12. 川渕孝一:深刻化する医師不足問題の解決をめざして、あさひView,3・4,9-10,2010
13. 川渕孝一:平成22年度医療報酬改定を検証する、NICヘルスケアパートナー,3・4月号 No.44,2-5,2010
14. 川渕孝一:時事評論 救急車のたらい回しゼロ作戦~求められる消防庁と病院の統合データ~、週刊社会保障,4月号Vol.64 No.2574,28-29,2010
15. 川渕孝一:医療はどう変わるのか(2)―平成22年度診療報酬係蹄のトピックス―、ORTHO-VIEWS,No.9,4-5,2010
16. 川渕孝一:待ったなしのワクチン政策―パート6、BIZMO,4月号,25,2010
17. 川渕孝一:「見える化」を病院経営に繋げる、月刊新医療,6月号 ,No.426,146-154,2010
18. 川渕孝一:時事評論 いわゆる“メタボ健診”で本当に医療費は浮くのか?、週刊社会保障,6月号,No.2582,28-29,2010
19. 川渕孝一:「IT化」、そして「見える化」は病院経営を向上させられるか、病院経営の「IT化」―そして「見える化」の可能性を探る,月刊新医療,7月号付録,6-29,2010
20. 川渕孝一:アメリカ型病院組織に学び「データベースド・マネジメント」を実行せよ、最新医療経営,7月号No.311,26-27,2010
21. 川渕孝一:医療は成長産業となりうるか~システム改革に向けての論点整理~、資本市場リサーチ2010年夏季,第16号 Vol.16,78-81,2010
22. 川渕孝一:医療はどう変わるのか(3)―医療制度改革は医療の質を向上させたのか―、ORTHO-VIEWS,5,2010
23. 川渕孝一:診療報酬制度の課題と将来~「開業医ためいき勤務医ひといき」は本当か、週刊社会保障,8月号Vol.64 No.2592,2010
24. 川渕孝一:新型感染型の危機~日本ではなぜワクチンが足りないのか~、月刊保険診療,8月号Vol.65 No.8,44-49,2010
25. 川渕孝一:平成22年度診療報酬改定について考える~医療再生は可能か~、埼玉の国保,8月号,No.237,2-5,2010
26. 川渕孝一:時事評論 メディカル・ツーリズムはうまくいくのか?、週刊社会保障,8月号 Vol.64 No.2591,38-39,2010
27. 川渕孝一:わが国に求められる「医療の質の可視化」その2、BIZMO,8月号,23,2010
28. 川渕孝一:改めて問う!日本の医薬分業は本当に患者のためになっているのか?、社会保険旬報,9月号 No.2434,18-21,2010
29. 川渕孝一:わが国に求められる「医療の質の可視化」その3,BIZMO,9月号,25,2010
30. 川渕孝一:医療産業研究会の報告書を読み解く、師長主任業務実践,10,1,51-53,2010
31. 川渕孝一:「医療の見える化」の現状と課題、月刊新医療,10月号 No.438,82-85,2010
32. 川渕孝一:「医療の標準化」によるムリ・ムダ・ムラの排除,BIZMO,10月号,25,2010
33. 川渕孝一:時事評論 改めて問う!日本の医薬分業、週刊社会保障、10月号、Vol.64 No.2601、28-29、2010
34. 川渕孝一:医療はどう変わるのか(4)―平成22年度診療報酬改定の影響と今後の医療制度を読む―、ORTHO-VIEWS,No.11,5,2010
35. 川渕孝一:待ったなしの「救急医療の見える化」,BIZMO,11月号,25,2010
36. 川渕孝一:医療の“見える化”をめざして、公営企業,11月号,9-19,2010
37. 川渕孝一:不安の解消、介護サービスの基盤強化を,月刊老施協,11月号,Vol.470,9,2010
38. 川渕孝一:北欧の福祉国家に学ぶ、師長主任業務実践,12.1,No.329,51-53,2010
39. 川渕孝一:はたして医療はサービス業か、師長主任業務実践,12.1,14-20,2010

[新聞・雑誌記事]
1. 川渕孝一:差額ベッド代 よく知って、毎日新聞、2.4、2010
2. 川渕孝一:「実現へムダ・ムラ・ムリ排せ」のタイトルで投稿、日本経済新聞の経済教室、4.7、2010
3. 川渕孝一:勤務医はひと息、開業医はため息 負担が重い地域医療貢献加算、週刊ダイヤモンド、4.24、31、2010
4. 川渕孝一:瀕死の救急医療 再生に必要な「見える化」、WEDGE、6月号、22-33、2010
5. 川渕孝一:税率アップ見えぬ恩恵、新潟日報社、7.5、2010
6. 川渕孝一:深い患部に粒子線照射、日本経済新聞、7.16、2010
7. 川渕孝一:「病院も経営の視点が大事。産業界の英知を学び、信頼できる相手を選ぶべきだ」、日経ビジネス、9.27、77、2010
8. 川渕孝一:患者は「顧客」マナー重視、日本経済新聞、11.4、2010
9. 川渕孝一:「都内の患者数20年間で最低」、日本経済新聞、11.11、2010
10. 川渕孝一:「最大不幸社会がやってくる!」、週刊朝日、11.12、21、2010
11. 川渕孝一:「定期接種化の費用対策効果と財源」、教育医事新聞、11.25、2010
12. 川渕孝一:「都内診療所、18年ぶり減」、日本経済新聞、12.7、2010
13. 川渕孝一:「患者数、医療技術の進歩で減少」、日本経済新聞、12.22、2010

[対談]
1. 川渕孝一:政権交代で医療はどう変わるのか,月刊保険診療,1月号 Vol.65 No.1,16-31 ,2010
2. 川渕孝一:TOP対談「経営談義」、相澤孝夫氏、最新医療経営、3月号No.307、8-11、2010
3. 川渕孝一・川渕孝一の「メディカルフロンティア」第11回,ルードヴィヒ・カンツラ氏,Vita,Vol.27 No.1,28-41,2010
4. 川渕孝一:病院経営実務者の立場から病院改革を語る、TOWA Communication Plaza、No.17、2-5、2010
5. 川渕孝一:川渕孝一の「メディカル・フロンティア」第12回、辻井博彦氏、Vita、Vol.27 No.2、46-61、2010
6. 川渕孝一:川渕孝一の「メディカル・フロンティア」第13回、深津博氏、Vita Vol.27 No.3、28-45、2010
7. 川渕孝一:改定のインパクトを検証する、Towa Communication Plaza、No.18、2010
8. 川渕孝一:川渕孝一の「メディカル・フロンティア」第14回、片山敦氏、Vita、Vol.27 No.4、28-41、2010
9. 川渕孝一:一歩先を行く医療機関の経営哲学、月刊保険診療、11月号、Vol.65 No.11、3-15、2010

[講演・講義]
1. 川渕孝一:民主党政権下における医療政策,一橋大学政策大学院公共政策セミナー、2010.1.14,
2. 川渕孝一:民主党政権下における医療改革とこれからの病院経営~求められる医療の「見える化」,神奈川県看護部長会 ,2010.1.23
3. 川渕孝一:今後の医療制度の方向性について,(財)教職員生涯福祉財団,2010.1.25
4. 川渕孝一:川渕孝一:対談民主党政権でどうなる医療制度ー高齢者医療制度と介護保険は統合されるのか?,第7回新春福祉経営セミナー,2010.1.29
5. 川渕孝一:新政権における医療政策の展望と病院経営,山口県病院協会講習会,2010.2.5
6. 川渕孝一:医療経済学から見た先進医学,神戸大学大学院特別セミナー,2010.2.9
7. 川渕孝一:政権交代下における病院経営改革のありかた,PASONA MEDICAL SEMINAR,2010.2.13
8. 川渕孝一:医療システムと医療財源~民主党政権下の病院経営,東京都病院協会「経営塾」 ,2010.2.19
9. 川渕孝一:民主党政権下の病院経営~ITを使った「見える化」の試みへ,JBHC医療ITセミナー2010,2010.2.20
10. 川渕孝一:新政権下における医療政策とこれからの病医院経営,第6回とちぎん医療・福祉セミナー,2010.2.25
11. 川渕孝一:医療経済学から見た先進医療~民主党政権下での医療は成長産業か,第5回 DB:神山直樹の「アフタヌーンティ~」 ドイツ証券株式会社,2010.3.18
12. 川渕孝一:平成22年度診療報酬改定について,高岡市民病院,2010.3.19
13. 川渕孝一:2010年度改定の背景にある真意~2年後の医療・介護同時改定を見据えた戦略とは?(株)日本医療企画 診療報酬改定セミナー,2010.3.20
14. 川渕孝一:病院可視化ネットワークの結果報告~徳島県のケース,徳島県庁,2010.3.25
15. 川渕孝一:医療費の将来展望~ポイントは「医療の見える化」,茨城県医師会保険関係合同懇談会,2010.3.26
16. 川渕孝一:医療の産業化,Vision E21 第74回セミナー,2010.3.30
17. 川渕孝一:歯科医療を取り巻く現状について,平成22年度新規診療従事者オリエンテーション,2010.4.6
18. 川渕孝一:日本の公立病院改革について,テルモ株式会社,2010.4.13
19. 川渕孝一:今後の医療制度のゆくえと病医院経営~ポイントは「医療の見える化」,第88回医業経営コンサルタント継続研修講座,2010.4.16
20. 川渕孝一:医療問題,平成22年度初任行政研修(Aコース),2010.5.10,2010.5.15
21. 川渕孝一:医療は成長牽引産業となるか,平成22年度医歯学科学専攻修士課程,2010.5.24
22. 川渕孝一:新政権下における医療政策とこれからの病医院経営,播州信用金庫(セミナー),2010.5.27
23. 川渕孝一:医療福祉と経済論,愛知県看護協会 認定看護管理制度サードレベル教育課程,2010.6.11
24. 川渕孝一:医療保険のこれからの在り方,健康保険組合京橋地区方面会,2010.6.18
25. 川渕孝一:MRを取り巻く医療よもやま話,第18期全国MR大会,2010.6.19
26. 川渕孝一:歯科医療の経済学PartⅡ,大学院GP:歯科医学のおける基礎・臨床融合型 ボーダレス教育研究拠点の形成,2010.6.24
27. 川渕孝一:(平成22年度)診療報酬改定と病院経営,船橋・鎌ヶ谷病院事務長会 ,2010.7.7
28. 川渕孝一:2010年度改定の背景にある真意~2年後の医療・介護同時改定を見据えた戦略とは?,医療経営論(その1)日本社会事業大学専門職大学院,2010.7.8
29. 川渕孝一:病院経営のケーススタディ,日本社会事業大学専門職大学院 医療経営論(その2),2010.7.9
30. 川渕孝一:医療経済学から見た我が国の歯科医療,D2連携教育「歯学最新情報―最新の歯科研究歯科臨床」,2010.7.15
31. 川渕孝一:新政権下における医療政策とこれからの病医院経営 ,日本社会事業大学専門職大学院 医療経営論(その3),2010.7.15
32. 川渕孝一:求められる「医療経営士」,日本社会事業大学専門職大学院 医療経営論(その4),2010.7.16
33. 川渕孝一:医療は成長産業となりうるか?~システム改革に向けての論点整理,社団法人病院管理研究協会 (病院管理研修 院長コース),2010.7.29
34. 川渕孝一:医療経営における事務部門の役割~求められる「医療経営士」,第1回MRPユーザーサポート講習会,2010.7.30
35. 川渕孝一:「重粒子線がん治療等の先進医療の医療経済的評価」ー前立腺がんを中心に,医用原子力技術研究振興財団,2010.8.23
36. 川渕孝一:(平成22年度)診療報酬改定後の病院経営,京都私立病院協会(保健管理士会),2010.8.28
37. 川渕孝一:北米諸国の医療制度について,公立学校組合共済本部,2010.8.31
38. 川渕孝一:医療・介護を新たな成長産業に育て上げるためには、今、何が必要か?,第15期船井幸雄「経営道場」,2010.9.12
39. 川渕孝一:医療は成長産業となりうるか?21世紀保健医療フォーラム(第238回) ,2010.9.14
40. 川渕孝一:高齢者医療制度の見直しはどうなるのか~医療保険制度のあり方,第240回社会保険神奈川特別研究会,2010.9.27
41. 川渕孝一:医療経済学から見たリスクマネジメント~求められる「医療の質の向上と効率化の同時達成」,市立旭川病院,2010.10.1
42. 川渕孝一:平成22年度診療報酬が意味するもの,宮崎大学医学部看護学科,2010.10.7
43. 川渕孝一:少子・高齢社会における日本モデルを考える~救急から在宅医療までの連携(地域包括ケア)は可能か,(財)医療関連サービス振興会月例セミナー ,2010.10.13
44. 川渕孝一:医療における品質管理~求められる「見える化」,社団法人大阪府私立病院協会 ,2010.10.14
45. 川渕孝一:「粒子線がん治療の経済評価に向けての予備的研究」ー肺がんを中心に,第2回研究班会議(鎌田班),2010.10.16
46. 川渕孝一:医療経営における事務部門の役割~求められる「医療経営士」,病院管理研究協会,2010.10.21
47. 川渕孝一:平成22年度診療報酬改定を検証する,高岡市民病院,2010.10.29
48. 川渕孝一:医療制度改革とこれからの病医院経営~医療は成長産業となりうるか?第4回ホクギン医業経営カンファレンス(第一部),2010.11.13
49. 川渕孝一:NO.1ホスピタル「聖隷浜松病院のケース」,第4回ホクギン医業経営カンファレンス(第二部),2010.11.13
50. 川渕孝一:大学病院・地域中核病院の今後の経営戦略,慈恵医大第三病院医療セミナー,2010.11.16
51. 川渕孝一:後期高齢者医療の現状と課題、制度の改善策,第2回高齢者医療制度勉強会 川田龍平事務所,2010.11.18
52. 川渕孝一:政権交代後の歯科再生のストラテイジー,玉川歯科医師会学術講演会(パート2) ,2010.11.20
53. 川渕孝一:廃止の延期、そして存続を確実なものに!,第7回国民会議(東京),2010.11.30
54. 川渕孝一:患者サイドから見た「医薬分業」の問題点と現状,第89回医業経営コンサルタント継続研修専門研修講座 ,2010.12.3
55. 川渕孝一:平成22年度診療報酬改定に伴う病院経営への影響を検証する,新潟県病院協会,2010.12.14
56. 川渕孝一:2010年度改定の背景にある病診連携,白山石川医療企業団,2010.12.18
57. 川渕孝一:民主党政権下の医療改革を検証する,国保旭中央病院,2010.12.27

[マスコミ出演]
1. 川渕孝一:NHK第一「ニュースここ一番!」にラジオゲストとして出演。2010.2.9
2. 川渕孝一:フジテレビ「新報道2001」に「赤平市民病院」の特集でコメント、2010.3.21
3. 川渕孝一:TBS「がっちりアカデミー!!」にスタジオゲストとして出演、2010.4.16
4. 川渕孝一:NHK「追跡!AtoZ」にスタジオゲストとして出演、2010.5.22
5. 川渕孝一:日本テレビ「生きるチカラ学ぶTVミヤネの仰天マネー塾」にスタジオゲストとして出演、2010.1.5
6. 川渕孝一:BSフジ「プライムニュース 崩壊寸前!日本の医療 再生への対策を徹底検証」にスタジオゲストとして出演、2010.6.16
7. 川渕孝一:NHK「‘安い薬’がやってくる~ジェネリック シェア争奪の舞台裏」にスタジオゲストとして出演、2010.7.23
8. 川渕孝一:テレビ朝日「報道ステーション」に「高齢者医療制度どう変わる?国民の負担は」についてコメント、2010.7.23
9. 川渕孝一:NHK「10首都圏ネット」に「歯科技工士の現状」についてコメント、2010.9.15
10. 川渕孝一:テレビ朝日「たけしのTVタックル」に「水漏れずさん社会保障」についてコメント、2010.8.30
11. 川渕孝一:テレビ朝日「報道ステーション」に「増える医療費抑制に成功したある街 鍵はあの薬」についてコメント、2010.9.8
12. 川渕孝一:日本テレビ「中居正広のザ・大年表24時間スペシャル」にてプログラム監修、2010.10.2
13. 川渕孝一:テレビ朝日「報道ステーション」にて「信用と安心の国・日本 最先端医療で外国人患者を呼び込め」についてコメント、2010.10.15
14. 川渕孝一:テレビ朝日「薬の疑問を解決SP」にてコメント、2010.11.21
15. 川渕孝一:NHK「かんさい熱視線」にてスタジオゲストとして出演、2010.12.10
16. 川渕孝一:BS朝日「薬の疑問を解決SP」にてコメント、2010.12.18

(外部委員)
学会の役職
一般社団法人日本医療・病院管理学会 評議員・監事
日本クリニカルパス学会 理事
Adjunct Associate,Center for Health Policy ,Stanford University

国の機関
文部科学省「第四期基本計画で重視すべき新たな科学技術に関する検討委員会」 委員
文部科学省「粒子線がん治療に係る人材育成プログラム」委員
内閣府「サービス産業のアウトプット及びデフレーターの計測に関する国際比較」研究会 委員
内閣府・行政刷新会議「規制・制度改革に関する分科会ライフイノベーションワーキンググループ」構成員
内閣府・総合科学技術会議「ライフ・イノベーションに係るサブワーキング・グループ」の構成員
経済産業省「医療産業研究会」 委員

その他委員
財団法人日本医療機能評価機構 評価調査者
独立行政法人放射線医学総合研究所内外部評価委員会業務運営専門部会委員・部会長
社団法人全国訪問看護事業協会研究委員会委員
新県立奈良病院整備検討委員会
新県立奈良病院にかかる有識者会議委員
愛知県立病院経営改善委員会 委員
大和市総合計画審議会 委員
大和市立病院経営改善委員会 委員
高岡市立病院基本構想検討懇談会 委員
高松市立新病院基本構想検討会 委員
かみいち総合病院病院改革プラン検討委員会 委員
川崎市立多摩病院指定管理検討委員会
坂出市立病院のあり方有識者会議 委員
加賀市医療提供体制調査検討委員
中国衛生産業雑誌専門委員会特別委員
全日本病院協会参与

非常勤講師
東京経済大学大学院 「福祉・医療施設経営論」
日本社会事業大学専門職大学院 「医療経営論」 
宮崎大学大学院 医学部看護学科 「看護管理実践論」 
放送大学「高齢期を支える社会福祉システム」
神戸大学大学院医学研究科客員教授
中日友好病院客員教授

 
 
 
 

  


 




TOP Page川渕孝一教授略歴医療経済学研究室研究論文・学会発表報告書・データ
出版物のご紹介メディア寄稿シラバスお問い合わせアクセスマップ

 
Copyright(c)2010 Koichi KAWABUCHI Research Laboratory All Rights Reserved.