Return to Home Page

Return to Program Page

Back To Top

TMDU×Chulalongkorn UniversityTMDU×チュラロンコーン大学

Curriculumカリキュラム

Curriculum Policy

カリキュラムポリシー

The curriculum has been designed based on the following policies in order to create an environment in which students can acquire the knowledge, skills, experience and leadership abilities necessary to obtain a degree and become a highly specialized medical professional.

本専攻では、学位授与に要求される知識・能力及びリサーチマインドを有する国際性豊かな高度専門医療人材に求められる、より高度な専門知識・技術及びリーダーシップ・国際性を修得するために、以下の方針でカリキュラムを編成しています。

  • 1

    Establish basic and special subjects related to orthodontics to foster professionals with strong capabilities in research, in-depth specialized knowledge, thinking skills and high standards of ethics, who can contribute to the world through research.

    国際的に通用する高い研究能力と深い専門的知識および研究者としての思考能力・倫理性を有する人材を養成するために歯科矯正学に関する基礎科目および専門科目の授業科目を設ける。

  • 2

    Establish clinical subjects that enable students to acquire expert knowledge and skills in clinical orthodontics.

    矯正歯科臨床の専門知識・技能を修得するための臨床科目を設ける。

  • 3

    Organize presentation-style participatory seminars to enable students to acquire fundamental capabilities in orthodontics.

    歯科矯正学に関する基盤的能力獲得のために、発表形式の参加型授業形式を取り入れたセミナーを設ける。

  • 4

    Organize special lectures on special subjects that enable students to define problems in various situations which can be objects of study, scientifically analyze them, create science-based solutions for them, and evaluate the results of solving them.

    研究対象となる種々の事象に対して、問題点を自ら発見し科学的な分析を行い解決方法を科学的根拠に基づいて提示し解決・評価できるようになるために、「特論」を専門科目として設ける。

  • 5

    Establish Practice of Research as a special subject to enable students to plan and carry out research which contributes to the world, and establish Experimentation and Thesis Writing as a subject to aid writing dissertations with the essential content.

    国際的に通用する新規性の高い研究を企画・遂行するために「研究実習」を、さらに重要度の内容を有する学位論文を作成するための「実験・論文作成」を、専門科目として設ける。

  • 6

    Evaluate student academic performance based on formative and summative criteria, as described in the syllabus, in order to achieve educational goals.

    教育目標の達成のため、シラバスに記載された評価基準に基づき、科目に適した形成的ならびに総括的評価によって学修の到達度を確認する。

Reference Materials

For more information about research, please access to the website of Orthodontic Science Department and Maxillofacial Orthognathics Department.

より詳しい研究内容については、咬合機能矯正学分野、顎顔面矯正学分野のホームページをご覧ください。

Study model(履修モデル)

Field of study is Orthodontics. Lectures and supervisions are provided in English.歯科矯正学を専門的な教育研究内容とする。授業及び教育指導で用いる言語は英語とする。

1st year at Chulalongkorn University

1年次@チュラロンコーン大学

Students will take basic subjects in the field of Orthodontics.

歯科矯正学領域の研究の基礎ならびに臨床を担当する分野である「歯科矯正学」関連の授業科目のうち基礎科目を実施する。

2nd year at TMDU

2年次@東京医科歯科大学

Students will take special subjects, collect and analyze research data, and write a dissertation under the supervision of both TMDU and Chulalongkorn University.

専門科目を実施して研究データの採得・解析・論文作成まで到達する。論文指導は、両大学が共同で指導する。

3rd - 5th year at Chulalongkorn University

3年次~5年次@チュラロンコーン大学

Students will take clinical courses.

臨床科目を実施する。

Field of study is Orthodontics. Lectures and supervisions are provided in English.歯科矯正学を専門的な教育研究内容とする。授業及び教育指導で用いる言語は英語とする。

1st year at Chulalongkorn University

Student will take basic subjects in the field of Orthodontics.

1年次@チュラロンコーン大学

歯科矯正学領域の研究の基礎ならびに臨床を担当する分野である「歯科矯正学」関連の授業科目のうち基礎科目を実施する。

2nd year at TMDU

Students will take special subjects and collect and analyse research data and write dissertations under the supervision by both TMDU and Chulalongkorn University.

2年次@東京医科歯科大学

専門科目を実施して研究データの採得・解析・論文作成まで到達する。論文指導は、両大学が共同で指導する。

3rd - 5th year at Chulalongkorn University

Students will take clinical subjects.

3年次~5年次@チュラロンコーン大学

臨床科目を実施する。

Supervise method
研究指導の方法

Tailor-made supervision on research method and writing dissertation will be designed to meet each student condition by both TMDU and Chulalongkorn University. The supervisors who are assigned from both university will be responsible for supervising students’ research themes and writing dissertations. Main supervisor will take independent role on research supervision, and co-supervisor will give supplementary supervision in cooperation with the main supervisor.

学生への研究方法や論文作成を始めるとする研究指導は、入学前の学生の状況、学生の能力に応じて、両大学が共同で行います。指導に当たっては、自立して研究テーマを設定できるよう、学位論文の完成に至るまでの研究指導を行います。学生が両方の大学から研究指導を受け入れることができるよう、学生1人に対して、両大学から1人ずつ置かれ、主担当は、研究テーマの設定から学位論文に至るまでの研究指導の主体的任務を果たし、副指導教員は、学生の研究テーマに応じ、主担当と協力し、補助的な指導を行います。

Degree process
学位取得までの流れ

Steps Steps deadlines

Pass the qualifying examination

進級試験

1st semester of the 2nd year

2年次前期

Dissertation registration

論文登録

Pass the qualifying examination

進級試験に合格

Dissertation proposal defense

論文企画審査

1st semester of the 3rd year
(Within 2 semester after dissertation registration)

3年次前期
(論文登録後2学期以内)

Dissertation articles published in journal or accepted for application

論文記事が査読制度のある国際学術雑誌に掲載済、または掲載承認済

By January of the 4th year

4年次1月まで

Pass the dissertation defense

学位論文審査

2nd semester of the 4th year

4年次後期