ファミリーサポートシステムの運用

Home > 取組内容 > 育児・介護と研究の両立支援 > ファミリーサポートシステムの運用

目的

連携機関に在籍している研究者が、子育てを支援したいという地域の方々の協力を得て、育児をしながら安心して働き続ける環境の整備を図り、子育てと研究との両立支援をすることを目的としています。

内容

お子さんの保育園への送迎や一時預かり、病児保育やお泊まり保育など、育児支援を必要とする連携機関の研究者と、育児支援をしたい地域の方々の援助活動のマッチングをサポートします。

DDユニットファミリーサポート

対象者

育児援助を受けたい人(=依頼会員) 連携機関に所属する研究者
育児援助を行いたい人(=提供会員) 子育てを支援したい地域の方や連携機関関係者で、20歳以上の健康で子ども好きな方のうち、保育サービス講習会を受講し、一般財団法人女性労働協会発行の修了証を取得した方。

ご利用案内

援助できる活動

1.一時預かり保育(健康な子どもの預かり)

・保育園・幼稚園・学校・学童保育・塾・習い事への送迎、その前後に子どもを預かること

・保育園・幼稚園・学校のお休みの時に子どもを預かること
 ・保育園・幼稚園に入園する前の子どもを預かること
 ・保護者の短時間就労、臨時就労または研修、学会参加時に子ども預かること
 ・冠婚葬祭、他の兄弟姉妹の学校行事や買い物等、保護者の外出の場合に子どもを預かること
 ・保護者の病気や急用の場合、保護者のリフレッシュのために子どもを預かること
 ・これらの理由以外でも相談により預かります。育児休業中の方も利用できます

2.病児・病後児保育(病児・病後児の預かり)

・病気あるいは病気回復期の子どもを預かること

3.お泊まり保育(健康な子どもの宿泊をともなう預かり)

・当直や夜勤、出張等の時に、宿泊を含めて子どもを預かること

 

 

一時預かり保育

病児・病後児保育

お泊り保育

 

場所

子どもの状況により
依頼会員自宅又は提供会員自宅
※外遊び等自宅以外の保育は、依頼会員・提供会員が事前打合せで取り決めて合意した場合のみ行います。

原則として
依頼会員の自宅

原則として
提供会員の自宅

対象 ※1

生後おおむね2か月~15歳

1歳~6年生

1年生~6年生

時間 ※2
※3

7:00~22:00 
土日祝日あり

8:30~18:00
土日祝日なし

19:00~翌日7:00
土日祝日あり

 

基本料金

平日

7:00~19:00   800円

19:00~22:00   €900円

土日祝日

7:00~19:00   €1,000円 

19:00~22:00  1,100円

(兄弟の2人目以降は半額)

基本1時間1,000円

1泊18,000円
(兄弟の2人目以降は半額)

事前
打合せ
※4

援助活動前に、必ず事前打合せを行います。
事前打合せの際、依頼会員は提供会員に1時間分の報酬を支払います。

依頼方法

直接、提供会員に連絡・依頼

アドバイザーに連絡

アドバイザーに連絡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※1:登録している子どもに限ります。
 ※2:1回の利用時間が1時間未満の時は1時間と算定し、1時間以上の場合は超過時間は次のように算定します。
     30分未満 0.5時間、 30分以上1時間未満 1.0時間
 ※3:援助活動時間の開始と終了は、提供会員が自宅を出た時刻から、活動を終え自宅に帰り着いた時刻までとなります。提供会員宅での預かりの場合は、依頼会員が子どもを提供会員に引き渡した時刻から、引き取った時刻までとします。
 ※4:事前打合せとは、援助活動を始める前に、会員同士と子どもが初めて会い、どのような援助活動をするのか、子どもの生活や遊び、食事のことなど情報を交換し、話し合う場です。アドバイザーも同席しますので、気がかりなことはこの機会に何でも打合せます。

援助できない活動

・自転車・自家用車での送迎
・団体での預かり
・保護者と一緒に行う預かり
・子どもの勉強相手
・年末年始および時間外の預かり
・病児・病後児の宿泊をともなう預かり

補償保険制度のご案内

DDユニットファミリーサポートは、一般財団法人 女性労働協会の「子育て相互援助活動補償保険」に 加入しています。援助活動中において、提供会員が傷害を被った場合、または万一の賠償請求を受けた 場合、及び依頼会員の子どもが援助を受けている間に傷害を被った場合の補償を行うものです。保険料 はDDユニットファミリーサポートが負担しています。

事故が発生した場合、提供会員は速やかにDD ユニットファミリーサポートにご連絡ください。

DDユニットファミリーサポートから一般財団法人女性労働協会へ連絡し、手続きをします。

 

育児援助を行いたい人(提供会員)大募集!

医療系大学および研究所の女性研究者の子育てをサポートしてくださる育児援助を行いたい人(提供会員)を募集しています。
子ども好きの方、セカンドキャリアを生かしたい方、お力をお貸しくださいませんか。

 

次回の保育サービス講習会(第5期 )は平成30年度1月22日(月)よりスタートいたします。

皆さんの周りで子育て支援活動にご興味のある方がいらっしゃいましたら、お誘いください。

この講座には、子どもへの言葉がけ、遊び方等、子育て支援活動の中ですぐ実践できる、子どもへの接し方のヒントがたくさんつまっています。
もう一度受講してみたい提供会員さん、また、子育て真最中の依頼会員さんのご参加をお待ちしております。1コマから受講できます。詳しくはDDユニットファミリーサポートアドバイザーまでお問合せください。

〈参考〉第5回講座スケジュール

<保育サービス講習会お申込み方法>

お電話かFAXで、①お名前、②生年月日、③電話・FAX、④お申し込みの動機・資格など、をお知らせください。
TEL:03-5803-4173 / FAX:03-5803-0412

 

育児援助を受けたい人(依頼会員)大募集!

東京医科歯科大学・順天堂大学・株式会社ニッピバイオマトリックス研究所に所属する研究者の方で、子育て支援を必要としている方を募集しています。詳細は、下記までお問い合わせください。

DDユニットファミリーサポート

 電話:03-5803-4173 / E-mail:family-support.ddu@tmd.ac.jp

なお、順天堂大学に所属する女性研究者の方につきましては、順天堂大学男女共同参画推進室で登録お手続きの上、DDユニットファミリーサポートにお申込ください。

順天堂大学男女共同参画推進室

 電話:03-5802-1009 / E-mail:sankaku@juntendo.ac.jp

平成29年4月より、男性も利用できるようになりました!

 

 

DDユニットファミリーサポート会員の交流会を開催します!

 普段はなかなか顔を合わせる機会がない会員さんの交流会です。土曜日のひととき一緒に過ごしてみませんか?

 第1回目は、全国で活躍されているリコーダー奏者の方をゲストにお迎えします。お子さまも楽しめるプログラムです。

 活動に興味のある方のご参加も大歓迎です。お気軽にお越しください。

 

 

 

pagetop