研究力強化の支援

Home > 取組内容 > 研究力強化の支援

Message

平成27年度にスタートした「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ」事業は「リーダーシップを備えた女性研究者の育成・輩出」が主な目的です。その目的達成のためには,個々の女性研究者が新たな発見や創出を通して研究の面白さを実感し,研究への高いモチベーションを獲得・維持していただくことが大切です。本事業の取組の一つ「研究力強化の支援」は,共同研究を通してリーダーシップを養い,新たな発見や創出・作出による研究モチベーションの向上に繋がることを期待したものです。連携機関に所属する女性研究者が「研究力強化の支援」の取組を活用して,リーダーシップを発揮して自らの研究力向上に繋げられることを期待しています。

研究力強化の支援小委員会
倉石 泰

研究力の強化支援

共同研究支援(採択状況)

平成29年度:11名の女性研究者が採択されました。

平成28年度:10名の女性研究者が採択されました。

平成27年度:18名の女性研究者が採択されました。

目的

女性研究者が、自ら研究助成金を獲得する力と共同研究を潤滑に運営するスキルを養い、さらなる研究力強化の基盤を形成することを目的とします。

内容

上位職、中堅層、若手の三層の研究者に対し、共同研究の支援を行うもので、申請書・面接審査による選考を通して選抜された採択者に、研究費を助成します。 候補者は、他薦・自薦を問わず募集します。

①上位職対象:スーパーロールモデル共同研究支援
②中堅層対象:上位職スタートアップ共同研究支援共同研究支援
③若手対象:PI育成共同研究支援

対象者

東京医科歯科大学、順天堂大学、株式会社ニッピ バイオマトリックス研究所に所属する女性研究者

①上位職対象者 女性研究者のうち、さらなる研究の発展と活躍が期待できる上位職の女性研究者
②中堅層対象者 助教から講師、講師から准教授、准教授から教授など、職位が昇進した中堅の女性研究者
③若手対象者 PIとしての活躍が期待される若手の女性研究者

期待される効果

連携研究機関で共同研究を実施することにより、女性研究者のマイノリティとしての精神的な負担・萎縮などが払拭されるだけでなく、共同研究の代表者として、女性研究者が積極的に研究を牽引し、成果を生み出す力を引き出すことができるようになることが期待されます。

pagetop