免疫細胞治療ユニット

免疫細胞治療ユニット

生体が保有する免疫機能の強化と創生から疾患の治癒へ

ユニット長からのメッセージ

 微生物や腫瘍などに対する生体防御に免疫細胞は死活的に重要であり、また生体の維持や、再生・炎症においても免疫応答は重要な役割を果たしています。免疫細胞治療の効果も明らかになってきました。現在、造血細胞移植後のGVHDには、間葉系幹細胞が用いられるようになっており、また難治性白血病に対して、キメラ抗原受容体T細胞療法(CAR-T療法)が有効とのデータが蓄積しています。
 免疫細胞治療ユニットでは、本学の充実した基礎医学研究室と連携して、基礎研究を臨床の場で応用し、臨床試験、診療に結びつけています。私たちが特に力を注いでいるのは、微生物抗原を標的とした画期的な効果を示す免疫細胞治療の開発です。生体内に宿る生体防御機構を最大限に呼び起こし、機能を強化し、付与し、新しい免疫能を創生します。
 宿主の免疫は、オルガノイドの生着・再生にも大きな役割を果たします。創生医学においては、臓器が生体内に生着し、機能することが重要で、その過程には免疫細胞が深く関与します。このユニットでは、生着や拒絶の制御といった側面で、創生医学領域全体を支援する研究も進めます。

大学院医歯学総合研究科
発生発達病態学分野
教授 森尾 友宏

研究プロジェクト紹介

治療抵抗性感染症に対する、複数ウイルス特異的T細胞療法の開発

 造血細胞移植後には免疫学的再構築までの間、免疫不全状態となり、アデノウイルス、BKウイルス、EBウイルス、サイトメガロウイルス、ヒトヘルペスウイルス6型など様々なウイルス感染症に罹患する。有効な治療がなく、重症化する症例も多いことから、私たちはこれらの5ウイルスに対する複数特異的T細胞を2週間以内に調製できる方法を用い、培養をより安全なものとして、臨床試験を開始している。
AMED免疫アレルギー疾患等実用化研究事業「移植後日和見感染症に対する特異的T細胞療法の開発と臨床応用に関する研究」(研究代表者:森尾友宏)
http://www.tmd.ac.jp/med/ped/medical/research/life_theme.html#02

成人T細胞白血病(ATL)に対する治療ワクチンの開発

 ATLはヒトT細胞白血病ウイルスI型感染によっておこる予後不良の悪性腫瘍である。神奈木らは、ウイルスに対する細胞傷害性T細胞(CTL)が抗腫瘍効果をもつことを見いだし、これを活性化させるため、CTLエピトープ部位のTaxペプチドを抗原とした樹状細胞ワクチンを開発した。現在、九州がんセンターとの共同で本療法の臨床試験を実施中である。
 AMED次世代がん医療創生研究事業「成人T細胞白血病細胞のアジュバント特性に基づく新規免疫療法の開発」(研究代表者:神奈木真理)
http://www.tmd.ac.jp/med/impt/imptja.htm#HTLV

主要論文

連携企業・研究機関

支援事業(競争的資金)一覧

関連リンク・補足情報