スキャホールド・機能制御ユニット

スキャホールド・機能制御ユニット

創生医学を支える新材料

メッセージ

生体材料工学研究所
物質医工学分野
教授 岸田 晶夫

生体材料工学研究所
有機生体材料分野
教授 由井 伸彦

 バイオマテリアル(医用材料)はこれまでも最新の医療技術を支える役割を担ってきました。当ユニットでは、創生医学を支える新しいバイオマテリアルを基盤として、臓器・組織再生を支えるスキャフォールド、および病変細胞の治療や組織修復細胞の機能制御を可能にする機能性ポリマーの開発に取り組んでいます。

研究プロジェクト紹介

 異種動物の組織・臓器から細胞成分を除去した「脱細胞化生体組織」を開発しています。脱細胞化生体組織は、オリジナルの組織・臓器の構造・物性を保持しており、移植用代替組織、再生医療用スキャフォールド、創傷治癒促進材料としての応用が期待されています。また、脱細胞化生体組織の優れた生体適合性の機構を知ることによって、新しいバイオマテリアル創出原理の確立を目指しています。

 生体が接する材料の表面での分子の「動き」によって、細胞の働き(たとえば、増殖や分化など)を調節できることを世界に先駆けて明らかにしてきました。そこで、本ユニットでも、生体に対して働きかけるために、「動き」を自在に制御できる超分子を基盤とした材料表面を設計しています。これによって、これまでの材料とは異なって、生体を能動的に制御する材料によって創生医学に貢献することを目指しています。

主要論文

支援事業(競争的資金)一覧

関連リンク・補足情報