セミナー

TMDUダイバーシティ連続セミナー 2023年度全3回

※終了【第3回】介護と仕事の両立3 -支援制度の活用ポイント-

1月19日(金)12:00~13:00
森坪真澄先生
株式会社ファーストブリッジ 代表取締役 老人ホーム紹介サービス シニアホームの窓口

介護離職者は全国で年間10万人以上います。そのなか、両立支援制度の整備は進みましたが、実際の利用者は1割程度と少なく、効果的な運用がなされているとは言えない状況です。すぐそこに“大介護時代”が迫る今、介護問題は家族のみで対応するものではありません。組織は自分事として介護問題に対峙し、理解・意識の醸成や情報の周知に取組むことが求められています。
当事者と管理職者の双方の視点から、「支援制度活用のポイント」をお話しいただきます。

※終了【第2回】妊活事情 仕事と不妊治療の両立 -働き続けられる職場づくりに求められるもの-

12月8日(金)12:00~13:00
永森咲希先生
一般社団法人ライフキャリア妊活サポート・モリーブ 代表

“妊活中”の方の中には、職場で一定のキャリアを重ね、熟練のスキルを備えた年齢層に位置する方が多くいらっしゃいます。
また、受ける治療によっては、本人の身体的・精神的な負担が大きくなり、キャリア、あるいは妊活のいずれかを諦めてしまうケースがあるのも事実です。
治療を受ける当事者と周りの仲間たちが、ともに心地よく働き続けられるような職場はいかにして実現できるのか、国家資格キャリアコンサルタント、また不妊カウンセラーとして活躍する永森咲希先生にご講演をいただきます。

※終了【第1回】介護と仕事の両立2 -介護体制を作る-

11月17日(金)12:00~13:00
森坪真澄先生
株式会社ファーストブリッジ 代表取締役 老人ホーム紹介サービス シニアホームの窓口

「介護はチーム戦!」は、前セミナー(2023/1/23)のなかの森坪先生の言葉です。
この言葉は、介護に対する不安・困難を抱えている教職員にとって、キャリア継続の希望の灯となりました。
今回は、精神面・肉体面・経済面の負担を和らげるための心構えと事前準備、そして、介護と仕事の両立を実現するための対応ポイントを 具体的にお話しいただきます。