東京医科歯科大学小児科

東京医科歯科大学小児科は、日常的な小児医療から難病の治療まで、
患者様の立場に立った優しい医療を行っています。

TMDU HOME
  • 代表電話番号
  • mail
  • サイト内検索

入院診療のご案内

チャイルド・ライフ・プログラム~子どもと家族が困難を乗り越える力をサポート~

入院生活の中で子ども達は困難な挑戦を毎日続けています。痛い処置、怖い検査、病状への不安、家族と離れて過ごす寂しさ、学校生活や友達から切り離されてしまう孤独感など、子ども達はたくさんのストレスを抱えながら治療を受けています。保護者やきょうだい達もそれぞれが不安やストレスを感じながら闘病生活を支えています。
チャイルド・ライフ・スペシャリスト(CLS)は発病後様々な場面で困難に直面している子どもとご家族がそれらを乗り越えるお手伝いをする専門職です。
東京医科歯科大学附属病院ではCLSが治療を受けているお子さんとご家族を支援するチャイルド・ライフ・プログラムを提供しています。

チャイルド・ライフ・スペシャリスト(CLS)
チャイルド・ライフ・スペシャリスト イメージ
CLSは多職種で構成される医療チームの一員として、病気を持つ子どもとその家族を心理社会的な側面からサポートします。主に小児科や小児専門病院で活動する職種ですが、成人病棟においても重篤な病気の親、ICUにいる親の子どもを支援しています。 当院の小児科においてCLSは、子どもの不安やストレスを軽減し、発達段階に添った医療体験の理解を助け、治療や入院生活を主体的に受け止められるよう、子どもが本来持つ"できる力を引き出す支援をしています。また、子ども達の入院生活を支える保護者やきょうだい達ともコミュニケーションをとりながらニーズに沿った支援を提供しています。
成人病棟では、重篤な病気の親を持つ子どもに対し、親の病気や病状の理解や受容、感情の表出のサポートを行っています。

CLSは北米で発展してきた職種です。CLSの資格は北米の大学や大学院における専門科目の履修と、北米の病院のインターンとして実地の職業訓練を積むことで得らます。その後、Child Life Councilの認定試験に合格して認定チャイルド・ライフ・スペシャリスト(Certified Child Life Specialist)の資格が得られます。CLS養成の教育機関や資格認定機関はまだ日本にはありませんのでCLSについて更に詳しくお知りになりたい方は以下のサイトをご参照ください。
Child Life Council: https://www.childlife.org/
日本チャイルドライフ協会: https://www.childlife.org/
CLSの活動内容
  1. 子ども達が医療環境や医療体験を理解し受け止め、主体的に治療をうけられるように以下のことをサポートします。
    • 子どもの年齢や発達に合わせて病気、治療の理解をサポートします。
    • 検査、処置、手術に安心して望めるように子どもにとって必要な情報を伝え、対処方法を一緒に考え、心の準備ができるようにお手伝いします。
    • 検査や処置の時や手術で麻酔に入る前まで恐怖感を和らげるお手伝いをします。
    • 医療行為の後も恐怖感や不安感が続くなど、ストレスの高い場合フォローアップを行います。
    • 病院環境や入院生活に慣れるのをサポートします。
  2. 遊びの中で子どもは体験を理解したり、自分の気持ちを表現するため、闘病生活の中で遊びは子どもにとって非常に大切な意味をもっています。CLSは遊びを通じて以下のようなサポートを行っています。
    • メディカルプレイなどを通じて医療体験の理解や消化をサポートします。
    • 遊びを通じて子どもが気持ちを表現できるようにサポートし、その気持ちを受けめます。
    • グループアクティビティを通して、気持ちの発散、ピアサポートの形成、社会性の発達をサポートしています。
    • 子どもの発達に必要な遊びを提供します。
    • スペシャルイベントを企画し楽しい特別な時間をつくるようにします。
  3. ご家族やきょうだいへのサポート
    • 保護者のかたのお話を伺います。
    • ご相談の内容に応じ、他職種と連携し必要なリソース考えます。(入院によって影響をうける子どもの成長や発達について、病気の子どもの支援団体やボランティア団体に関する情報提供など)
    • きょうだいが病気について理解できるよう、状況についていけるようなサポートや情報提供など。
  4. その他、以下のような時期に必要に応じたサポートを提供いたします。
    • 退院後、学校に戻る時
    • ターミナル期、死別後の時期
  5. 成人病棟において以下のような時にサポートを行います。
    • 病気を持つ親が子どもに自分の病気や病状について伝えた方がいいのかどうか迷われているとき。
    • 子どもに親の病気や病状をどうやって伝えたらいいか悩んでいるとき。
    • 子どもがどう受け止めているのか不安なとき。
CLSの活動時間・場所
活動時間: 月曜日~金曜日 8時~17時頃
活動場所: 通常は小児病棟にいます。
尚、小児病棟以外の患者さんでCLSのサービスの提供を受けたい場合は主治医、
または病棟の看護師経由でご連絡下さい。
認定チャイルド・ライフ・スペシャリスト 村瀬 有紀子 認定チャイルド・ライフ・スペシャリスト
村瀬 有紀子

2008年 Mills MA in Education,child Life in Hospital修了
2008年 Cerifield child Life Specialist取得
Johnes Hopkins children's Center,Oakland children's Hospital,George Manc Children's Houseにて研修を行う
pagetop