head_img
HOME > 業務内容のページ

材料部概要

 材料部は、院内で様々な医療行為に使用される再使用可能医療機器(ハサミやピンセット等)や医療材料(注射器や注射針、カテーテル等)を、安全かつ適切に使用できるように再生処理・調整・管理・供給する業務を行っています。

 材料部業務の専門性の高さから、材料部をさらに滅菌管理部門と物品管理部門に分け、安全で質の高い医療器材や医療材料の提供に努めています。


 

滅菌管理部門(CSSD:Central Sterile Services Department)

 滅菌管理部門では、手術や処置で使用される再使用可能医療機器の洗浄・消毒・滅菌業務を行っています。

 器材はまず洗浄・消毒装置等を使用し、徹底的に洗浄・消毒した後、器材の機能性(噛み合わせや切れ具合等)や形状の確認を行います。この工程を通過できた器材だけを使用可能と判断し、使用するためにセットとして組み立てます。その後、セットごとに器材の材質や形状に応じた滅菌方法により滅菌処理され、全処理工程が合格と判定された器材のみ各部署へ供給されます。

器材を拡大鏡を用いて確認

 これらの各工程は厳密に管理する必要があり、当院では鋼製器具のトレーサビリティシステム(追跡管理システム)を構築し、個々の器材をリアルタイムに記録管理しています。


 

物流部門(Logistics Department)

 物流部門では、医療材料の供給管理業務を行っています。医療材料は医療行為に際して最もよく使用される物品であり、そのほとんどがディスポーザブル製品です。これらを使用量に応じて適材適所、安全かつ効率的に供給管理しています。

 また、医療材料についてもRFIDタグを用いたトレーサビリティシステムを利用し、病院内に医療材料が納入されてから使用されるまで記録管理しています。

 

ページトップに戻る