当教室の研修の特色

カンファランスイメージ画像

脳神経外科は脳・脊髄や末梢の神経疾患を対象として、手術だけではなく診断から治療後長期にわたる管理に携わり、さらに予防まで幅広い領域を担当しています。また取り扱う疾患は腫瘍や血管障害、外傷、機能性疾患、先天性疾患、感染症などがあり、小児から高齢者まで対象年齢も幅広く、治療方法も直達手術から血管内治療、放射線治療、化学療法など多岐に渡ります。このように広大な脳神経外科分野を研修するにあたっては、多数の症例を高い水準で治療している環境に身をおいて、自身で実際に体験することが重要となります。

東京医科歯科大学脳神経外科では後期研修の皆さんに大学及び研修施設での研修を通じて、幅広い知識と技能が習得できる機会を提供しています。

当教室では

  • 国内で有数の症例数を誇るてんかん・機能性疾患(三叉神経痛など)の外科治療
  • 小児・成人モヤモヤ病に対する集学的治療と長期予後解析
  • 治療困難な頭蓋底腫瘍に対する他科(頭頚部外科・耳鼻咽喉科、形成外科など)との合同手術
  • 脳腫瘍に対する最先端の画像技術を駆使したナビゲーション手術や神経モニタリング下の手術、神経内視鏡手術
  •  

など、特に専門性の高い治療を数多く行なっています。

また脳脊髄血管障害や外傷などの救急疾患についても、東京医科歯科大学医学部附属病院は都内随一を誇る救命救急センターを有しており、毎日数多く救急疾患に接する機会があります。そのため当科では大学病院という環境にありながら、これらの脳神経外科救急を入局当初から数多く研修することが可能です。

さらに血管内治療科や病理部をはじめとする他科との合同カンファレンス、教室内の勉強会などを頻繁に行い、最新の知識に触れられるような環境を整えています。

脳神経外科手術イメージ画像

東京医科歯科大学脳神経外科での後期研修に興味を持たれた方は、いつでも気軽にご連絡下さい。
是非、広大な脳神経外科の世界を、一緒に楽しみましょう。

お問い合わせ

東京医科歯科大学脳神経外科
唐鎌 淳 / Jun Karakama(医局長)
Email: karakama.evs@tmd.ac.jp
TEL: 03-5803-5266 (医局直通)
FAX: 03-5803-0140

このページの先頭へ