ファミリーサポートシステムの運用

Home > 取組内容 > 育児・介護と研究の両立支援 > ファミリーサポートシステムの運用

 

★ファミリーサポート事業 活動再開のお知らせ

「新型コロナウイルス感染症(Covid-19)の影響による「緊急事態宣言」が発令されましたことを受け、一時休止となっておりましたファミリーサポート事業ですが2020年5月27日現在、活動を再開しています。
 医療従事者の方が安心してお子さまを預けられる活動となりますよう、依頼会員の皆さま、提供会員の皆さまと共に、より一層の安全に留意し、活動できればと思います。
 つきましては、下記より安全チェックシートをダウンロードしてご参照いただき、ご承知いただいた上で、活動の依頼・提供をしていただきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

安全チェックシートはこちらからダウンロードできます!

[安全対策チェックシート  依頼会員PDF/611KB]

[安全対策チェックシート  提供会員PDF/601KB]

 

目的

連携機関に在籍している教職員および学生が、子育てを支援したいという地域の方々の協力を得て、育児をしながら安心して働き続ける環境の整備を図り、子育てと研究との両立支援をすることを目的としています。

内容

お子さんの保育園への送迎や一時預かり、病児保育やお泊まり保育など、育児支援を必要とする連携機関の教職員および大学院生と、育児支援をしたい地域の方々の援助活動のマッチングをサポートします。

DDユニットファミリーサポート

対象者

育児援助を受けたい人(=依頼会員) 連携機関に所属する教職員および学生
育児援助を行いたい人(=提供会員) 子育てを支援したい地域の方や連携機関関係者で、20歳以上の健康で子ども好きな方のうち、保育サービス講習会を受講し、一般財団法人女性労働協会発行の修了証を取得した方。

提供会員・依頼会員 居住地

提供会員 MAP

ご利用案内

pagetop