診療科・センター・部門

潰瘍性大腸炎・クローン病先端治療センター

「患者さんの腸の状態を適切に判断し治療を行うこと」
をモットーに専門診療を充実させていきます

本センターでは医師・職員が一体となって、一人一人の患者さんに応じて、きめ細かく、安全性に配慮しながらも積極的な診療を行っております。患者さんには、食事を含めた社会生活を健常な人と同様に送っていただくことを目指しております。是非、一人でも多くの患者さんに受診していただき、その方にとって最適な治療法を見つけていきたいと思います。

センター長のご紹介

科長 渡邉 守 -Mamoru Watanabe-
専門医 日本消化器病学会認定 消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会認定 消化器内視鏡専門医
専門分野 炎症性腸疾患
大腸内視鏡
小腸バルーン内視鏡(検査および治療)
研究領域 炎症性腸疾患の発症機序解析と新治療法の開発
粘膜免疫と新治療法の開発
腸管の再生医療
腸管上皮分化機構
炎症を母地とする大腸癌発癌機序
電話番号 03-5803-4770
専用ホームページ http://www.tmd.ac.jp/med/acid/inflammatory_bowel_diseases/index.html

センターの概要

当センターでは「患者さんの腸の状態を適切に判断し治療を行うこと」をモットーに、以下の4つの特長をもつ専門診療を更に充実させていきます。

  1. きめ細かく専門性の高い診療を実践しています!
  2. 身体に負担の少ない検査を心がけ、独自に開発も進めています!
  3. 難しい患者さんも積極的に診療しています!
  4. 高い治療のゴールを目指しています!

おもな診断・治療法

(1) 診断法: 消化管内視鏡検査(上部消化管内視鏡検査/大腸内視鏡検査/小腸バルーン内視鏡検査)/ CT/MRI(MR エンテロコロノグラフィ:MREC)消化管造影検査
(2) 治療法 : 5 アミノサリチル酸/副腎皮質ステロイド/免疫調節薬/白血球除去療法/生物学的製剤/内視鏡的狭窄拡張術/外科手術(腹腔鏡治療を含む)

高度な先進医療

診断 : 検査を苦痛なく受けられる工夫をし、新しい検査法としてMRI を利用した小腸・大腸検査(MREC)を独自に開発しました。
治療 : 治療法に関する最新の情報に基づいた、最先端の治療法及び薬剤の選択が可能です。