logo

後期研修Senior training

東京医科歯科大学 呼吸器内科 専門研修プログラム

理念

たゆまぬ自己研鑽を地域医療の発展に繋げ、新しい医学・医療の進歩に貢献するリサーチマインドを持った医師の育成を理念としております。

目標

呼吸器病学における明日の標準的医療を担い、医療の発展に貢献する専門医を養成することを目標としております。

特色

1) 協力病院及び大学付属病院における診療を通じて、幅広い症例を経験し指導を受ける。
2) 大学附属病院における診療及び臨床研究を通じて、リサーチマインドを養成する。
3) 専門医研修修了後は、診療を通じて自己研鑽を積むと同時に臨床的な研究を通じて医療の進歩に貢献し、大学院に進学する場合は基礎研究を通じて医学の進歩に貢献し医療に還元する。

呼吸器内科は、肺炎、肺癌、間質性肺炎といった生命に直結する疾患や、気管支喘息、COPDなど患者さんのQOLに直接かかわる疾患を担当する診療科です。呼吸器領域の診療を中心に患者さんを全人的に幅広く診療できるgeneral physicianとしての能力が求められます。

それだけではなく今日の呼吸器診療は高度に専門化されつつあり、肺癌、間質性肺炎、気管支喘息の分野では毎月のように新しい知見が得られています。それぞれの専門分野において最新の知見を患者さんに還元するため、私たちは自身の専門領域についてより深い知識、診療技術を追求する必要があります。

当科では、この2つの目標を実現するために、関連病院・連携病院での研修と、大学病院での研修を組み合わせたプログラムを提供し、明日の標準的医療を担い、医療の発展に貢献する専門医を養成したいと考えています。

1.呼吸器内科専攻医プログラムの概要

最初の2年間(3・4年目)を関連病院で研修します。この2年間では呼吸器領域で必要なcommon diseasesを中心とした病棟診療、気管支鏡技術の習得を目指していただきます。また外来診療の基礎的な部分を修得していただきたいと考えています。当科の関連病院は関東一円に19施設あり、その多くで専攻医を受け入れております。これらの関連病院では肺炎、肺癌、COPDなどのcommon diseasesを数多く経験していただくことが可能です。

研修の最後の1年間(5年目)は大学病院で研修します。東京医科歯科大学呼吸器内科は日本有数の間質性肺炎診療施設(国立大学DPC集計にて当院は間質性肺炎件数1位)ですので、病棟・外来診療において数多くの間質性肺炎症例を経験できることが特徴的です。肺癌症例も多く診療しており、放射線科、病理部、呼吸器外科と合同カンファレンスを行い、積極的なディスカッションのもとに治療方針を決定しています。また当科の研修の特色として5年目の大学病院の期間に様々な臨床研究に触れることを挙げております。

初期研修 専門研修(専攻医プログラム)
1年目 2年目 3年目 4年目 5年目
- - 関連病院 関連病院 大学病院

関連病院の一覧はこちらをご覧ください。

大学病院で採用できる医員の人数に制限があるため、この枠を超えた場合、関連病院のみのプログラムでの研修も可能です。

初期研修 専門研修(専攻医プログラム)
1年目 2年目 3年目 4年目 5年目
- - 関連病院 関連病院 関連病院

2.プログラム修了時点で取得できる資格

積極的に症例報告を行い、論文化していただくなど必要な条件を満たしていただき、内科総合専門医の取得をスタッフ一同でサポートします。現在のところ(2018年7月)、どの施設においても内科総合専門医取得3年後に呼吸器専門医を取得するプログラム(標準タイプ)のみが呼吸器学会に認定されております。今後呼吸器重点型の研修についても詳細が開示され次第応募を検討しております。
詳しくは呼吸器学会のサイトもご覧ください。

3.総合内科専門医取得後の進路について

専門研修の修了後は、より臨床能力を高めたい方は関連病院において研鑽を積み、積極的に臨床研究に参加していただいています。基礎研究を行ってみたい方には大学院博士課程への入学をお奨めしております。どのようなキャリアパスを取るかは人によってさまざまですので、より良いキャリア形成につながるよう、医局スタッフや教授と相談して進路を考えていくことになります。私たちは多くの先生方に呼吸器診療ならびに研究分野においての研鑽を積んでいただくことを通じて医療の発展に貢献していただきたいと考えています。興味のある方のご参加をお待ちしております。

大学院博士課程

後期研修(もしくは専門研修プログラム)修了後の医師を対象に大学院博士課程入学希望者を募集しております。 大学院では間質性肺炎、肺癌、気管支喘息、COPD、睡眠時無呼吸症候群などの研究を行っております。詳細は研究のページをご覧ください。

進路・入局に関するお問い合わせ

メール:立石知也(医局長)tateishi.pulm@tmd.ac.jp

医療従事者の方へ

医療従事者の方へ

当科で研修を希望される方へ

当科で研修を希望される方へ