看護先進科学専攻 災害・クリティカルケア看護学分野
共同災害看護学専攻

研究室紹介

大学院生からメッセージ

東日本大震災で故郷が被災し、医療支援に赴いた経験から大学院進学に至りました。大学院での学びはまさに‛現場から実践へ’と多岐に渡り、様々な研究テーマを持つ仲間に刺激を受けながら、充実した日々を過ごしています。今後は研究テーマである災害時の支援者支援について研究を深めつつ、これまでの被災地支援活動を共有し、災害時の看護職の可能性について考えていきたいと思っています。

東日本大震災後の救護室ボランティアがきっかけで災害看護を探求することに決めました。本プログラムは看護学にとどまらず、近接学問の専門家から多角的な講義が提供されていることが魅力です。講義をもとに学生とディスカッションすることで、多様な価値観に触れながら知識を身に着け、研究することができます。

元々ERで勤務していたことから、人為災害への対応に関心を持ち大学院に進学しました。現在は災害時の倫理課題を考えつつ、平時とは違う看取りの場面での看護を深めていくために学んでいます。研究の傍ら、病院での非常勤看護師や学部生実習の手伝いをし、実践と研究、教育を兼ね備えられるように日々努力しています。

学生募集

当研究室では、「災害看護」や「クリティカルケア看護」を志向する学生を募集しています。出願を希望する方は、出願に先立ち必ず指導教員と面談をし、今後の研究・教育について相談してください。

★大学院入試「募集要項」はこちらからご覧いただけます

災害看護グローバルリーダー(DNGL)を志す方に対しては、求められている災害看護に関する多くの課題に的確に対応し解決できる、国際的・学際的指導力を発揮するグローバルリーダーとして高度な実践能力を有した災害看護実践者並びに災害看護教育研究者を養成します。また、災害看護をサブスペシャリティとしたい方への教育支援も行います。

クリティカルケア看護の卓越した実践者、あるいは教育・研究者を志す方に対しては、危機的状態にある対象の顕在、潜在する問題や看護支援ニーズを読み取り、的確に対応し解決できる、国際的・学際的指導力を発揮する人材を養成します。現在、2021年度からの「急性・重症患者看護高度実践看護師」の教育課程の開設に向けて準備中です。

受験に際しては、事前面接の上、願書に指導教員の署名・押印が必要となります(詳細は募集要項をご参照ください)。
受験をお考えの方は、まずは、下記の書類を、郵送またはメール添付にて佐々木(y-sasaki.dn”at”tmd.ac.jp)までお送り下さい。追って面接の約束をしたいと思います。
相談は通年受け付けていますので、随時ご連絡ください。

<送付書類>

  1. 経歴書:高校卒業以降の学歴と職歴
  2. 志望書:大学院進学希望動機、興味のある研究課題

ともに、A4用紙1~2枚程度(様式自由)にまとめてください。
(一週間以上返信がない場合、届いていない可能性がありますので、メール(y-sasaki.dn”at”tmd.ac.jp)までご連絡ください)