診療科・センター・部門

頭頸部外科外来担当表はこちら

科長のご紹介

耳鼻咽喉科、脳神経外科、形成・美容外科、放射線科などと協力し、
一人一人の患者さんの希望に沿うような治療をすることを
心掛けています

科長 朝蔭 孝宏 -Takahiro Asakage-
専門医 日本耳鼻咽喉科学会認定 耳鼻咽喉科専門医
日本気管食道科学会認定 気管食道科専門医
日本頭頸部外科学会認定 頭頸部がん専門医
癌治療学会認定 癌治療認定医
専門分野 頭頸部外科
研究領域 低侵襲治療
機能温存治療
頸部郭清術
頭蓋底悪性腫瘍
電話番号 03-5803-5682 (耳鼻咽喉科、頭頸部外科外来)
専用ホームページ http://tmd-otohns.jp/

頭頸部とは鎖骨から上の領域をいいますが、脳と目は含まれません。この領域にできた腫瘍を頭頸部腫瘍と言い、その治療を担当するのが頭頸部外科です。私たちは、より治療効果を高めかつ後遺症を少なくするために、他の診療科と密に協力し合い、手術のみでなく放射線治療や化学療法などを組み合わせて、それぞれの患者さん に最も適切な治療を行っています。

診療科の概要

頭頸部外科は、耳鼻咽喉科のみならず、放射線診断科、放射線治療科、形成・美容外科、脳神経外科、食道外科、血管内治療科など多くの診療科と横断的な診療体制をしています。

取り扱うおもな疾患

口腔癌(舌癌など)、咽頭癌(上咽頭癌、中咽頭癌、下咽頭癌)、喉頭癌、鼻副鼻腔癌(上顎洞癌など)、耳下腺腫瘍、顎下腺腫瘍、甲状腺・副甲状腺腫瘍、聴器癌、頭蓋底腫瘍、副咽頭間隙腫瘍、頸動脈小体腫瘍など頭頸部の良性・悪性腫瘍を扱っています。

おもな診断・治療法

おもな診断法:NBI などの特殊内視鏡検査、超音波検査、CT、MRI、PET/CT、細胞診、組織診など。
おもな治療法: 頭頸部進行癌に対する拡大手術、化学放射線治療、超選択動注療法。咽喉頭表在癌に対する内視鏡手術。頭蓋底腫瘍に対する頭蓋底手術など。

高度な先進医療

難易度の高い頭蓋底腫瘍の手術治療を耳鼻咽喉科、脳神経外科、形成・美容外科と共同で行っています。
小児頭頸部悪性腫瘍手術の豊富な経験を持ちます。
咽喉頭癌では化学放射線治療や経口腔的切除等の低侵襲手術を行い、積極的に機能温存を図っています。特に表在癌に対する内視鏡的手術では先進的な技術を有しています。

診療科における研究テーマ

  1. 低侵襲治療、機能温存治療
  2. 頸部郭清術
  3. 頭蓋底悪性腫瘍

その他

放射線診断科、放射線治療科、形成・美容外科、脳神経外科、食道外科などと協力して、みみ・はな・くち・のどにできたすべてのがんを各領域の専門医が力を合わせて横断的に診断する『みみ・はな・ くち・のどがんセンター』が新設されました。