診療科・センター・部門

総合診療科外来担当表はこちら

科長のご紹介

年齢、性別、臓器にかかわらず様々な身体や心の問題に対して診療することにより、
患者中心の医療を提供します。高齢者医療、漢方による診療も行っています。

科長 竹村 洋典 -Yousuke C Takemura-
専門医 米国認定家庭医(総合診療医)
日本プライマリ・ケア連合学会認定 プライマリ・ケア認定医
日本内科学会認定 総合内科専門医
日本医学教育学会 医学教育専門家
関連領域 総合診療・総合診療医学
家庭医療学
医学教育学
専用ホームページ 総合診療科について
総合診療専門研修プログラム 〈説明会のご案内
総合診療セミナー in お茶の水

自分たちでいろいろな病気を横断的に診るだけではなく、医療や保健、福祉の部門の力を借りつつ皆様をケアします。高度先進医療を提供しないことが多いですが、その包括的なケアや他の部門との連携を重視しています。場合によっては他の医療福祉施設などとの連携を配慮していきます。家族や地域を診る視点も重視しています。皆様のニーズに合った医療を心掛けつつ、少子高齢化する未来の日本に合致した医療を模索したいと考えております。

診療科の概要

2018年7月より東京医科歯科大学医学部附属病院に設立されました。診療のみならず、医学生や若い先生方の教育や研究の場ともなります。目の前の患者様のみならず、家族や地域も考慮することもあります。地域の医療・福祉との連携を重視しています。未来の日本の医療に必要な医療体系を模索しています。その中で高齢者を対象にした医療、漢方による医療なども行っております。

取り扱うおもな疾患

診断がつかない、または多くの疾患がある、多臓器に係るような疾患に罹っていらっしゃる患者さんで、専門診療よりも当科がふさわしいと考えられる場合に診させていただいております。年齢や性別、臓器によりませんが、高度で特殊な医療や治療は行えません。特に高齢者がかかりやすい疾患の診療や漢方による治療も行います。

おもな診断・治療

さまざまな診断や検査を行いますが、専門的な検査は多く行いません。治療については薬による治療の他、食事や運動などの生活習慣の是正も重要です。

診療科における研究テーマ

病院内で患者さんとの診察方法(医療面接)に係る研究を行うほか、地域の住民や医師の特性によって住民の受療や健康、幸福などがどのように変化するかなど、病院外での地域医療に係る研究も実施します。将来あるべき日本の医師や医療体制を探求しています。高齢者に係る研究、教育に係る研究も行います。

その他

  • 大学病院当科のみならず、院内外の専門診療科や他の医療施設、そして保健・福祉の部門との連携を重要視しています。
  • 診療に当たり、多職種医療介護従事者との連携を大切にしています。
  • 診断や治療のみならず、外来患者さん向けの生活習慣病教室やもの忘れ予防教室を開催しています。
  • 学生や若い先生の教育に力を入れております。また診察においても皆様のご協力を仰ぐことも多々あるかもしれません。