診療科・センター・部門

血管内治療科外来担当表はこちら

科長のご紹介

外科手術では治療困難な脳、脊髄の血管の病気を
カテーテルを用いて治療します

科長 根本 繁 -Shigeru Nemoto-
専門医 日本脳神経外科学会認定 脳神経外科専門医
日本脳神経血管内治療学会認定
脳血管内治療専門医・指導医
日本脳卒中学会認定 脳卒中専門医
専門外来 頚動脈外来
電話番号 03-5803-5676
専用ホームページ http://www.tmd.ac.jp/med/evs/index.html

血管内治療科は脳卒中をはじめ頭頸部の血管性疾患を外科手術せずにカテーテルを用いて治療する診療科として2010年に開設されました。脳神経外科、神経内科、救命救急センターと連携して、脳卒中センターとして診療しています。最新の医療機器を備えた最先端の高度医療を行っています。

診療科の概要

外科手術では治療困難な脳、脊髄の血管の病気を診療します。
外来部門では血管内治療一般外来の他、専用の頚動脈超音波機器を備えた頚動脈専門外来を開設。
入院部門では、最新鋭のシーメンス社フラットパネル脳血管撮影装置を用いて脳血管撮影診断および脳血管内治療を行っています。

取り扱うおもな疾患

脳動脈瘤、脳動静脈奇形、硬膜動静脈奇形(動静脈瘻)、頚動脈狭窄、脳動脈狭窄、脳塞栓症、頭頸部腫瘍、頭頸部血管腫

おもな診断・治療法

脳動脈瘤コイル塞栓術、頚動脈ステント留置術、硬膜動静脈瘻塞栓術、脊髄血管奇形塞栓術、脳腫瘍塞栓 術、頭頸部血管腫塞栓術など脳神経血管内治療のあらゆる治療を行っています。

高度な先進技術

  1. 全国から患者さんが集まる頭頸部腫瘍の症例には頭頸部外科と協力して術前塞栓術を実施
  2. 全国で最も評価の高い救命救急センターとの連携による超急性期脳卒中診療が可能
  3. 血管内治療科の頚動脈専門外来で脳梗塞予防に対応

高度な先進医療

先進技術と研究成果を応用した最新かつ高度な血管内治療を行っています。

診療科における研究テーマ

  1. 臨床研究:超急性期脳卒中の治療
  2. 基礎研究:脳血管疾患のコンピューター血流解析
  3. 教育研究:血管内治療トレーニングシステム開発

その他

その他 大学病院として臨床と研究いずれにも対応できる機能を備えています。